★ インフルエンザとゾフルーザ……2019年01月14日 21:43

 やたらと咳が出る。熱は37度2分…… どうやら風邪を引いたようだ。夜中、まるで喘息のよな咳。そういえば以前、「喘息様気管支炎」を罹ったことがあるが似ている。どうにも、咳が酷くて眠れない。ステロイド系の薬を出してもらえば。問題ないだろう。翌日、クリニックへ…… 一通りの診察後、ステロイド系のクスリをと話した。「インフルエンザが大流行です。一応、調べましょう」 綿棒を鼻に突っ込まれる。イテッ! 受付前で待っていた。呼ばれた。で、渡された紙には、FLU A: + A型に罹っていた。生まれて初めてである。予防注射のお陰で高熱は免れているらしい。「タミフルにしますか、それとも……」


 タミフルの副作用はイヤである。「新薬で……」 ゾフルーザにしてもらった。その他、鎮痛剤や咳止め、たんや鼻汁を出しやすくする薬を処方してもらう。薬局でかわいこちゃんが、「水を持ってきます」すぐ飲めと言う。「イヤだ! ちょっと写真に残したいので家で……」 あいかわらず不真面目っぽい患者である。タミフルは飲んだことがないので何とも言えないが、ゾフルーザを写真に撮り、飲んで2,30分で集中力がなくなり、まるで誰かに「さ~、眠りなさい!」と言われたような雰囲気に…… 即、寝床に…… ところで、インフルエンザには特効薬があるが、風邪にはない。その言葉通り、風邪は長引いている。

★ 志ん朝「二番煎じ」……2019年01月05日 18:48

 今朝の「天声人語」は、干支のイノシシがテーマだった。その中で落語の「二番煎じ」が紹介されていた。好きな演目である。そう言えば弟からもらった「古五代目今亭志ん朝:六十席」のUSBがあった。39分25秒…… 久しぶりに、志ん朝の所作を思い浮かべながら聞いた。イイッ!


 昔は、ラジオやテレビで端折りなく聞けたものだが、じっくりと落語を聞くには寄席にでも行かなければ無理である。ま、時代の流れであろうか。
 ところで、「山より大きなイノシシは出ない」の諺も紹介されていた。いろいろな解釈ができる言葉である。

★ 簡易加湿器……2019年01月04日 17:50

 加湿器を買うほどではないが、就寝時の乾燥が気になる…… そこで、百均で格子とボックスを買ってきて組み立てた簡易加湿器である。


 高さは55㎝で、湿らせたタオルを掛けておくと朝には乾いている。ボックスに水を入れ、タオルの片方を水に浸るようにしておけば、加湿効果は高まる。


 ただ、寝ぼけて蹴飛ばしたりしないよう、注意は必要である。こんな事でも、ちょっとした真冬の遊び的な楽しみと言える。

★ 三日月さまとお星さま……2019年01月02日 08:18

 静かに冴えわたった正月二日の朝…… 南の空に、三日月さまとお星さま……


★ 年賀状は平安時代から……2018年12月31日 18:21

 出す以上は元旦に…… そう願うのが「年賀状」……
 その起源は、平安時代、年始回りに代わるものとして文書による年始挨拶が…… 古い歴史を持つ。とは言え、ネット社会である。ネット上でも新年の挨拶はできる。これでもイイではないか。しかし、宛名や一言を自筆で書く頑固者もいる。毎年、奥さまが、絵を描いてくれる。嬉しいことに、干支と二人が題材になってる。いつも、即、OKだったのだが、今回は、しばし眺めてしまった。激しすぎるのでは…… 「だって、引き籠ってばかりじゃない! たまには外に出たら!」「ハイッ!」 2019年も、奥さまに頭が上がらない年になりそうである。

★ 2019年版ホームページ……2018年12月31日 16:01



 年末恒例の「謹賀新年版ホームページ」をアップした。1)indexページ右上の干支アミメーションGifの更新 2)新春御挨拶ページの更新 3)年賀川柳(川柳付き年賀状)のアップ 4)CalendarArt 2019のアップ
 結構、大変なのだが「遣ろう!」との気持ちはなんとか健在である。人生100年とか言われ出した。さて……?
 と言う事で皆さん、良いお年を!

★ 2019年版、カレンダー・アート……2018年12月29日 10:07



 CalendarArt 2019をアップした。画家は、Paul Klee。カレンダーを買うのはカミさんである。このページ、1993年に第一弾を掲載し、次に1999年。2001年からは毎年掲載している。数えてみたら22種類のカレンダー。Paul Kleeは7つ。Gophが4つ。どうもカミさんは、Kleeが好きなようだ。実は、この作業は、大変なのである。A4版スキャナ=なので、1ページを2分割してスキャンし、2枚を統合する。カレンダー台紙に貼りつけ、併せてthumbnail版をつくる。CalenndarArtトップページ(表形式)に配置する。ページ間各種のリンクの設定などなど…… すでに22年以上続けたことになるが、ふと思う。いつまで続けるのだろうか…… いや、続けられるのであろうか……

★ 独楽とけん玉……2018年12月25日 17:43



 正月の遊びと言えば、凧や独楽、けん玉だった。変りゴマと起き上がりゴマは持っているが、鉄心の木独楽は持っていない。遊びで使うのはこの独楽である。急に遊びたくなった。昔は駄菓子屋やおもちゃ屋で簡単に買えたが、今、それらの店は消えている。ネットで探しまくった。直径60mmの独楽は見つかったが、これでは小さい。福井市の冨士屋玩具さんで68mmを見つけた。併せてけん玉も頼んだ。電話注文だったが、鉄輪こまも付けると言う。先ほど届いた。早速…… 子供の頃は、簡単に手の平で回すことができたが、床で回すのがやっと。けん玉は、何回目かで大皿に…… 連続はまず不可能だった。独楽で鬼ごっこをやった。独楽が手の平で回っている間は、鬼も逃げる方も動けるが、止まったり落っこちたら、その場で独楽に糸を巻き手の平に乗せる…… この繰り返しだったが、楽しく、夜遅くまで遊んだものである。これは60年以上前のお話であるが、けん玉と独楽、練習するぞ~ッ!

★ 青春 「初恋」 ツルゲーネフ……2018年12月20日 09:05



 トゥルゲーネフ(ツルゲーネフでイイんじゃない?)、良いこと言うな…… エッ! 「初恋」? 数日前に読んだばかり! う~ん…… こんな文章あったかな~ ま、これが凡人の読書なんだろうな~……

★ 女性のコミュ力……2018年12月17日 08:05



 女性は、コミュ力が…… 何だこれは? 今朝の新聞で理由が判った。面接の点数が高くなっちゃうから…… 問診は医療の出発点。つまりコミュ力が求められる。男は弱く、女は強い。それを認める男の劣等感。でありながら「医療は男が仕切る世界。これまでも、これからも」 こんな愚かな考え…… ひょっとすると、この国だけなのかも知れない。

             日本のゲーム機