★ 朝日新聞「声」編集者への疑問……?2010年07月18日 11:14

 川柳や都々逸、狂歌などを趣味としているが、特に、どこかの会などに参加して活動するとか、メディアに応募などはしない。楽しみにしているのは、朝日新聞の「声」のページに掲載される「朝日川柳」なのだが……
 この「声」のページは、川柳以外に読者からの「声」や世の中を皮肉った一言コラム「かたえくぼ」などが掲載されるが、川柳は毎日は掲載されない。それは良しとしても問題は、この川柳が日曜日に掲載されないことである。何故なのだろう? どうやら朝日新聞の編集担当者は、川柳を楽しむ読者の感覚を掴んでいないようである。
 川柳などは、ゆったりとした雰囲気の中で楽しむものである。休みの朝、ヌフフ~ッ さ~て、どんな川柳が…… ウ~ン イマイチッ! これはイイッ! オッ! これは笑える! 
 このように自分の世界に入り込み、自分勝手に、ア~だコ~だと思いを巡らせるのが、お洒落であり、粋なのである。いくら川柳が好きであったとしても、ウイークデイの朝に、そんな余裕は無いし、仕事に疲れきった帰宅後、朝刊を取り出し川柳などを読む気力は無い。

 川柳を楽しむ心や庶民の楽しみを判っていない朝日新聞「声」編集担当者の愚かさには、ガッカリする。



★ 朝焼け……2010年07月29日 06:03

 四時半頃、ふと東の空を見たら綺麗な朝焼け……
 Goecheは、デジカメや携帯電話を持っていないため、カミさんのCANON IXYを持ってきてシャッターを押した。

朝焼け

 HomePageに何枚もの旅や花の写真を掲載しているが、これらのほとんどは、NIKON F4で撮ったものである。重たいカメラのファインダーを覗き、ピントを合わせ、カシャッとシャッターを切る。どうにもファインダーのないカメラには違和感を感じてしまう。しかし、デジタルの速効性は素晴らしい。

★ おじぎ草……2010年07月29日 08:02

 ひと月ほど前、散歩中に花農園を覗いてみた。おじぎ草……葉や茎を含めた全体の大きさは、直径20センチほど。指で触ってみたが、律儀に葉を閉じてくれる。125円、安い! 5号ほどの陶器鉢に植え替え、ベランダにおいた。
 インターネットで調べたが、面白がって頻繁に触ったりすると、草が疲労し良くないとあった。成る程! さらに分類上は多年草だが、冬を越すのが難しく、ほとんど1年で終わるため、1年草として扱っているらしい。


 花が咲いた。直径は、20mm。全体も50cmほどの大きさになった。まだまだ大きくなりそうな雰囲気である。水遣りを忘れずに……

             日本のゲーム機