★ 左踝に痛風……?2015年11月07日 14:28

「病のデパート」と言われて久しいが、また、一品目、加わってしまった。真面目に奥様の個展のお手伝いをしていたが、4日の夕方頃から左足の踝周辺に痛みが出た。別に捻ったりした覚えはない。5日は、朝から何となく痛いが、画廊で何人ものお客さん(友人)との楽しい会話をして帰宅。痛みが増してきた。見れば腫れているし、熱っぽい。いかんな、知らず知らずのうちに足を捻ったのだろうか。熱を計ったら7度9分。捻挫と風邪か…… いや、インフルエンザだったら堪らない。6日は、お手伝いを断念し、行きつけの整形外科に。医者、患部を触り一言。「痛風だね」「エッ? 痛風って親指の付け根じゃないんですか?」 素人が何ほざくんだ的表情で、「レントゲンと血液検査」


 写真で説明を受けたが、何処に尿酸結晶が付着しているかなどは判らなかった。ま、仕方ない、薬での治療が始まる。
 ところで、2012年以降の整形外科に関連する品目を整理してみよう。
 ・2012年:右肋骨3本骨折
 こう見ると、肋骨、背骨、膝、踝へと、整形外科系の病は、徐々に下がっている。もうこれ以上、下がる部位はない。多分、今回で打ち止めだと思っている。
 
 蛇足ながら骨密度は、0.584g/c㎡。この数値は、同年代比較では、118%と全く問題はないらしい。骨でなければ、筋肉の衰えなのだろうか……

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2015/11/07/7894007/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機