★ 12月、映画Video鑑賞リスト……2015年12月29日 18:11



 12月は、20本。3月からの累計は、272本になった。
(3月51本、4月35本、5月27本、6月30本、7月28本、8月20本、9月20本、10月28本、11月13本) 選定基準(ホラー物、裸物、ベチャベチャ恋愛物、どたばたコメディー物、過激な暴力・戦争・深刻物、シリーズ物、さらに和物、韓流物は除外。レンタル料金108円の旧作に限る)は変わっていない。ところで経費は? 272本×@108=¥29,376.-(税込) 現役時代、良く飲みに行ったが、1,2回ほどの飲み代である。「観る」と「飲む」との環境の違いはあれど、己が「楽しむ」との基準で考えれば、みみっちいようだが、コスパは至極悪くない。
 「善き人のためのソナタ」「顔のない天使」「インサイダー」「FURY」「美女と野獣」「クジラの島の少女」など、ひょっとしたら、もう一度…… と思える作品もあった。多分、来年も現在の選定基準を保ちながら、Video鑑賞を続けると思う。

 ・嗤う分身
 ・エレニの帰郷
 ・グッバイ、レーニン!
 ・LUCY/ルーシー
 ・クリスマス・キャロル(1984)
 ・クジラの島の少女
 ・顔のない天使
 ・水曜日のエミリア
 ・アポロ13号
 ・記憶探偵と鍵のかかった少女
 ・ムード・インディゴ うたかたの日々
 ・フユーリー(2014)
 ・天国の日々
 ・インサイダー
 ・96時間/リベンジ
 ・美女と野獣(2014)
 ・善き人のためのソナタ
 ・グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札
 ・馬々と人間たち
 ・こわれゆく世界の中で


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2015/12/29/7964726/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機