★ 新しい住所録……2016年01月30日 09:11



 新しい住所録(B5版)を買った。
 写真上部の住所録は、2000年から使っているものである。住所変更による書き替えや修正、出した受け取ったなどの丸印やチェックなどで、どうにも見苦しくなってしまった。新しい住所録に…… 年賀状を書いたのは、ちょっと前。また、名前や住所を書くのも面倒だな~ でも、思い立ったが吉日ともいうし…… そう思い立ったのが2週間ほど前。何軒かの文房具店を訪ねたが、同じような住所録はない。売れないのだろう。それは理解できる。受け取る年賀状の住所は、ほとんどが印刷、つまりPC打ち出しである。多分、住所管理は、Excelなのだろう。こちらの方が、追加、修正、削除など、楽に決まっている。勿論、Excelだけでなく、WordやPowerPointなどは使えるが、年賀状の宛名書きやコメントは、手書きと決めている。PC打ち出しは、機械的な処理であり、思いが伝わらないと思うからである。その流れから、住所録も手書きになってしまう。しかも、とにかく筆記用具を手に、何かを書くのが大好きなのである。「天声人語」の筆写もその一環である。荻窪のタウンセブンで見つけた。
 当然ながら、古い住所録には、亡くなった方々も記載されている。新しい住所録に書き写すべきだろうか。止めた。今、そして、これからの住所録としよう。旧住所録を捨てる気はない。過去を偲ぶことは出来る。ただ、住所録の人たちだが、減ることはあっても増えることはなさそうである。しかし、これも、私にとっての一つの歴史だと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2016/01/30/8005183/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機