★ 万年筆に思う……2017年02月13日 08:46

 何を書くではないが、万年筆が大好きである。一時、もの書きに凝り、やたら滅ったら文章を書いた時期があったが、その時はMS-Wordであった。それ以前は、日記を付けていたが、もちろん万年筆である。とにかく万年筆で字を書きたい……と思っていたら、朝日新聞が「天声人語:筆写ノート」を売り出すという。早速、注文する。で、2011年5月5日より、筆写を開始した。毎朝、603文字を書く喜びが始まった。何本かある万年筆の中から、お気に入りの3本を交互に使っていた。

 もう1本、気になる万年筆がある。Pilot E-300 ニブは、Coarse(特太字)ダブルスペアーインク・タイプである。

 カートリッジは、すでに生産中止、コンバーターを調べたが、該当製品はなし。つまり、使えない。Pilotに問い合わせる。丁寧な回答。「修理扱いとして板バネ式コンバーターを装着することはできます。最寄りのPilot取り扱いの文具店へお出しください。費用は、修理費、コンバーター代で1,700円プラス消費税です」 ちょっと違ったインクを使ってみようか。「天色」をYodobashiに注文。翌日届く。

 2週間ほどして、文具店から連絡あった。たかがコンバーター装着ではないか、と思っていたが添えられた伝票を見て、その内容の詳細さに驚いてしまった。頭が下がる思いである。


 多分、20数年振りだと思うが書き味を確かめた。抜群の滑り心地である。ただ、天色は綺麗すぎて、手紙などには不向きなように思った。
 さて、現在のお気に入りの万年筆をご紹介しよう・
・Montblanc MEISTERSTUCK 149(M):ROYAL BLUE
・PARKER75 STERLING SILVER GT(M):Black
・Pilot Elabo(SB):blue
・Pilot E-300(C):ama-iro

 蛇足ながら、たまたま今日は、新聞休刊日である。日記帖を開き、ウダウダグダグダ、ボヤキでも書いてみるか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2017/02/13/8359847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機