★ シロツメクサ……2017年05月10日 08:17



 神田川と中野通りが交差する所に「本五ふれあい公園」(中野区本町五丁目)がある。歯医者帰りに目をやると、シロツメグサがびっしり! 思わずコンデジでパチリパチリ……(音はしないが) これだけあれば、四葉のクローバーが…… 歳はとりたくないものである。捜す根気はなかった。
 シロツメグサの名前は、日本から欧州に陶器を輸出する際、クッションとして入れたのが語源と思っていた。帰宅し、ググってみた。なんと! 全く逆であった。「オランダから江戸末期に送られてきたガラス器を入れた箱に、乾燥したクローバーがクッション材として詰められていたことからきています」 調べて良かった!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2017/05/10/8552261/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機