★ 「語る」北方謙三……2017年05月11日 07:10

 朝日新聞に「語る」-人生の贈りもの- なる連載がある。現在は、北方謙三氏であるが、これが面白い。彼は、1歳年下。今朝は、「「70歳」響きほど老い感じない」と銘打って語っている。その中に、やたらと納得した内容があった。

 やっぱ、デビッド・リンチ、北方謙三…… たいしたもんだ! 泣けてくる……

(追) この台詞の凄さは、なんてことない言葉でありながら、該当するであろう者たちに、静かにジワ~っと中身が染み渡ってくるところにある。映画も、台詞も知らなかったが、北方謙三が「胸に迫った」との己の思いを込めて教えてくれた。「最悪」? 別に若い頃のことを覚えていたからと言って、生き死にに関わる事ではない。とは言え、全くの過去が、頻繁に夢に出てくる。そんな朝は、あまり心地良くはない。いやになる。どうしようもない過去でしかないのに…… ひょっとすると彼ら二人も、そんな思いに…… 共通点は、年齢が近いだけであるが、何となくほのかな心地良さを味わせてくれた。 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2017/05/11/8553982/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機