★ 赤い丸の内線の思い出……2017年11月28日 17:01



 アルゼンチンから「赤い丸の内線500形」が里帰りと話題になっている。地下鉄もコンピューター化され過ぎ、車両の仕組みや基礎を再把握するのが目的らしい。鉄道に関し素人ながら、何となくこのような目的って素晴らしいな、などと思ってしまう。で、本題に入ろう。
 小学生の時、親父と丸の内線に乗った。池袋から2駅目(茗荷谷駅)あれ? 3駅目(後楽園駅)あれ? 親父に言った。「この電車、地上を走っている。こんなの地下鉄じゃない。間違ってる!」「この地域は低地だから、地下を走らなくても良いんだよ。地下鉄だからと言って、わざわざ地下に潜る必要はあると思う? 無駄だよね」 なるほど! ちょっと大人になったような気がした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2017/11/28/8736281/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機