★ 久しぶりのプ~ティ~……2018年05月02日 10:56



 「プ~ティ~」…… これは何ぞや? 当初は、「プ~パ~ティ~」だった。2000年、30年勤めた会社をプッツン退社。のんびりとしたプ~生活中に、同僚や後輩から、どのような毎日を送っているのか視察したいとの連絡が入る。で、我が家でホームパーティーを開くことになった。プ~太郎が行うパ~ティ~…… 名付けて「プ~パ~ティ~」 何度か行われた後、ある人が言った。「プ~とパ~じゃ、余りにも……」 で、「プ~ティ~」になった。
 再就職後も続き、数えれば、既に二十回に近くなる。ある時、心置きなく語れる後輩の女性が旦那さんと一緒に来てくれた。その後、離婚。今は、再婚し二人のお子さんと幸せな毎日を送っていると言う。何故だか判らないが、そんなこんなの人生模様を知る場になっている。
 で、今回、1時開催。参加者のお歳も鑑み、2~3時間でお開きとしますと連絡を入れた。ボケたのか、ある参加者から12時半ごろ連絡が。「早いと思いますが、今からイイですか」 時間を間違えたらしい。もちろんOK。そんなこんなで、プ~ティ~が始まる。同じ会社に集った連中である。いつも通り、「秘話」ともいえる話題が「此処だけの話だが……」と泡立っている。4時半ごろ、参加者の奥さんから電話。彼は、1月にガンで胃の全摘手術を受けている。転移もなく予後は良好で、ほとんど普通の生活をしていると言う。ただ、食事には30分位かけ、咀嚼は20回なのが不便らしい。奥さん、帰りが遅いので心配しての電話であった。そりゃそうだ、2,3時間で終わると言っていたのだから。そんなこんなで、終わったのは6時…… 想い出、今、これから…… ワイワイガヤガヤ、楽しい一日だった。

蛇足)10年ちょっと前に書いたオチャラケ小説(?)

★ 金子みすゞと子供の日……2018年05月05日 22:10

 子供の日の今日、天声人語は、金子みすゞを取り上げていた。
『はまは祭りの ようだけど 海のなかでは 何万の いわしのとむらい するだろう』


 彼女の幾つかの詩は知っている。確かにそれらは、ふと何かを、そう、子供の頃の出来事を思いださせてくれる。子供の日にピッタリの人である。思い出した。若くして亡くなっている。明治である、多分、病気で…… ウィキを読み、驚いた。エッ! 自死! 知らなかった。己の浅学を悔やんでも仕方ないし、みすゞの人生に思いを馳せても何の意味もない。そんな思いの中、カミさんが部屋に来た。みすゞへの思いを語った。しばらくして、カミさんが文庫本を持ってきた。それが、「金子みすゞ 童謡集」 何故、こんな本を持ってるの? 明確な答はなかった。

★ 悲しき東芝……2018年05月14日 06:34



 また、REGZAの画面が真っ黒になった。2015年2月26日にBRレコーダーと一緒に購入したテレビ。2年後に東芝からバックパネルの不具合(画面が真っ黒になる)が判明したため「保証期間の延長」の知らせが入る。連絡し、2017年3月21日にLCDパネルを交換してもらう。たった1年で同じ不具合…… 東芝に連絡。とりあえず過去の修理等の履歴は管理されているらしく、「急ぎ対応させていただきますが、15日になります」 淀みない対応に違和感を感じてしまった。そうか、この機種は不良品なんだ。パネルを交換しても、また1、2年後には同じように画面が真っ黒に…… 2か月ほど前に洗濯機ZABOONを買った。洗い上がりにムラがある。HITACHIでは、そんな事はなかった。
 東芝…… 経営体制だけでなく、製造体制にも「偽り」が蔓延してしまったのか? プライドを持って「東芝」に入社した大勢の真面目な社員たちの今は…… 推して知るべし……

追)すったもんだの末にTVを交換することになった。今日、4Kで前のより1インチ大きいという新しいREGZAが届いた。サービスマンの方とは顔馴染み。別れ際、「また何かあったら…… イヤ、もう会わない方がイイんですよね」「はい、私もそう思います」



★ 岸井氏逝く……2018年05月16日 07:53


     (写真は、ネットから無断拝借)

 岸井成格氏の死を悼み、数多くのコメントがネット上に投稿されている。コメントの中に「木鐸」との言葉があった。浅学である。判らない。調べた。読みは「ぼくたく」「世人に警告を発し、教え導く人」 自他共に認める「ひねくれ者」の私、滅多に他人を認めないのだが、岸井氏の発言には共感を…… この言葉を知り嬉しくなった。まさにその通り! 今は、ただただ、岸井さんの冥福を祈るのみ……

★ 「約束を守る」ナポレオン ……2018年05月19日 08:20



「約束を守る最上の手段は決して約束をしないことである」 ナポレオンの言葉として天声人語が紹介していた。併せて、守れぬ約束はするな。それは同時に、したなら必死になって守れということだろうとあった。
 I fully agree with Napoleon!
 どんな些細な事であっても、守れるとの確信がない限り、約束はしない。だからだろうか、約束します、と言われると信じてしまう。今までイヤと言うほど涙したものである。何故、これほどまでに約束に拘るのか…… 子供の頃、気軽に約束したが、忘れていた。相手の子が、泣きながら「信じていたのに!」と、それこそ叫ぶがごとく掴みかかってきた。謝るしかない。その時「約束」の重要さを知った。どんなに酒で盛り上がっている場であっても、「ね~、次回は〇〇で飲もうよ! 来てくれるでしょ!」 種々の状況が頭に渦巻き行けるかどうか判断できない。う~ん…… と唸りっぱなし。当然、場はシラケる。気取ってるんじゃないわよ! この偏屈オヤジ! との眼差し…… ま、仕方ない。

★ 日大の愚かさ! アメフト……2018年05月22日 18:45



 これほどまでに潔く己の反則を認め、謝罪し、経過などを説明し、質問(中にはレベルの低いものもあったが)には実に真摯に熟考した上で答えるクレバーな若者がいたとは! もうアメフトはしないと言う。被害届に対しても当然だと思うとの答え。まずは、このような清々しいスポーツマンの存在に驚き、反則を犯さざるを得なかった彼に同情せざるを得なかった。それに比べ、監督、コーチ、日本大学の無能さ卑怯さ陰湿さ愚かさ…… 日大は、この様な若者を闇に葬り、己の正当性を醜くも画策しているのだろうか。大学として彼に見習い、爪の垢でも煎じて飲んだ方が良いのではないか。情けない巨大大学である。
 もっとも、隠蔽、改竄、言い逃れは、この国の政府、官僚の「得意技」になっているようだ。ひょっとして日本大学は、その姿勢を見習おうとしているのだろうか……

★ 日大、恥の上塗り……2018年05月24日 12:25



「恥の上塗り」としか思えない記者会見…… 監督、コーチだが、人間性の欠如を感じていたため内容の酷さは想定内のものだった。しかし、人間とはここまで卑劣になれるんだと呆れてしまった。なぜ、今まで教育機関における指導者としてやってこれたんだろうか? そうか、在校生7万を超える、マンモス総合大学である。運動部門にまで大学として目が行き届かなかったのだろうか…… と思っていたが、どうやら違うようだ。記者会見では広報担当者が司会を勤めた。広報担当とは、その集団(国家、政府、企業、団体……)の「意」を世に知らしめる役割を担うものである。つまり彼は、運動部だけではなく「日本大学」の広報として司会を務めたのである。なにやら、元共同通信の記者だったと言う。会見が始まった当初から高圧的な態度だったと言う。大学は、何故、こんな会見を開いたのか? こんな広報担当を司会者に据えたのか?
 KYとの言葉がある。学長、理事長を筆頭に大学自体が「KY」状態に陥っているようだ。在学生、卒業生が、可哀想である。

             日本のゲーム機