★ ジェットストリーム 城達也……2018年11月01日 09:46



 幾つかの「言葉遊び」のサイト(川柳、都々逸、武玉川)を楽しんでいる。今朝、つなぎの言葉に「ストリーム」があった。思い出すのは、「ジェットストリーム」
 城達也 YouTubeで…… 蘇るあの頃…… 恐ろしいほど入り込んだ記憶……
  改めて城達也とジェットストリームをググってみた。彼がパイロットを担当したのは、1967年7月 ~ 1994年12月までの27年間。まだまだ海外旅行が特別な時代。彼のナレーションを聴き、遥かに広がる雲海の彼方を夢見たものである。彼は、食道癌で降板し、その2か月後に亡くなっている。多くの人に夢と想い出を静かに語ってくれた人生だったと思う。

★ 週の始めとカレンダー……2018年11月05日 08:55



 そろそろ来年のカレンダーを用意する頃となった。リビングに掛けるメインのカレンダーは、画家の作品のカレンダーを使っている。発行は独仏蘭などで、つまり欧州製である。他の部屋には、日本製を掛けているのだが、戸惑うことがある。それは、週の始まりが、日本製は日曜日からで外国製は月曜日からなのだ。調べたが、世界的な取り決めはないらしい。ただ、キリストの復活云々を元に週の始めは日曜だったらしいが、近代化により労働を開始する月曜日が重要視され、カレンダーもそれに合わせたようである。これは欧州の話。米国は相変わらず日曜日。では、日本は? どうやら戦後、米国の影響で日曜日になり、今もそのまんまが実情らしい。宗教で見ると、イスラム圏では、土曜日スタートのカレンダーもあるらしい。
 宗教に関係なく、世界標準時が設定されている。であれば、カレンダーにも標準表記を設定してもイイんじゃないかな~……

★ 懐かしきパイプたち……2018年11月15日 17:12



 年末を控え、大掃除を前に何年か振りで棚にあるパイプたちを手に取った。思い起こせば40年も前であろうか、パイプ煙草が流行り、オフィスでもパイプを咥えて香り良い紫煙を燻らせたものである。このパイプたち、2度目の禁煙から12年目の今(一度目は、35歳から8年間)、ただただ静かに見守ってくれているだけになっている。一つ一つに思い出がある。ニューヨークで購入したのが5本。後列右から三番目は、CHARATANでロンドン製の高級品。店で、これが欲しいと言ったら店員が店中に響く声で「このJapanese Young Gentlemanが、Charatanをrequestしました!」と、明らかに小ばかにしたように…… イスタンブールではメシャムを買ったが、勿体なくて、一度も燻らせたことはない。クレーパイプもあったのだが割ってしまった。キセルを買ったついでに、刻み煙草を買い、喫ってみたのだが、その辛さには驚いてしまった。パイプたばこで、好きだったのは、Kentucky Club MixtureやBorkum Riff Whiskey。パイプ、一つ一つが丁寧に作られている。愛おしさすら感じるが、もう口にすることはないのだろうか。ふと、どうせいずれは…… であれば、その前に、一つ一つを口に紫煙を……

追) 親父はパイプを手作りしていたが、私は敬遠。せいぜいボウルトップの縁を削って丸みをつけたぐらい。


 こうすると親指の腹でチャンバーに触れた感触が優しいし、ほど良く納まってくれる。指触りの心地良さ・・・・・・ 普段愛用したのは、左の2本。ブライヤーだが、右の高級品と比べ軽い。デザインも左手にすっぽりハマるし、咥えていても疲れない。今、真ん中のパイプを左手に持ち、その手触りを味わっている。あ~、喫いたい! 

★ 牧水と操縦士と酒……2018年11月22日 10:20



「天声人語」に、朝2合、昼2合、夜6合、計1升が定量だった。さらに理由を付け定量を上回る日も珍しくなかったと若山牧水を書き、日航の副操縦士を「牧水並み」として飲酒操縦の危険と法的チェックがないことを訴えていた。納得。で、牧水の死因が気になった。「日光浴による足の裏の火傷と下痢・発熱を起こし全身衰弱、急性胃腸炎と肝硬変を併発して死去。 享年43」 う~ん…… 何となくこれまた納得してしまった。酒はほどほど飲むべかりけり…… と言うことか。

             日本のゲーム機