★ 窓に遮光用すだれ……2019年05月26日 07:20

 夏の準備である。リビングとダイニングの窓は東側にある。窓の外は道路である。凹凸ガラスとはいえ実に実に陽光を通すのだ。冬は快適であるが、夏の午前中は眩しさだけでなく熱を注ぎ込んでくるのだ。


 対策としてはカーテンやブラインドになるが重苦しい。で、はめ込み型の障子を作ったのだが、なぜか狭苦しく感じる。却下。この障子は2階の寝室の窓に組み込んでいるが快適である。ではどうするか? そうか、すだれだ。まずダイニングで試してみよう。百均には幅が狭いのと広いのを売っている。狭い方を買ってきた。長さは良いが、幅が広すぎる。剪定ばさみで切りそろえる。完璧である。


 次に幅広の方を買ってきて幅を切りそろえセットした。な、なんと長さが全くの寸足らず。計ったら66センチしかない。110センチは必要であった。もう1本買ってきて、継ぎ足すか…… 確実に見栄えは悪くなる。頼みの綱はホームショップである。何種類かあった。110センチがあった! 値段は4倍ほどだが、そんなの関係ね~! これください。寸法は大丈夫ですか? 採寸した紙を見せた。大丈夫ですね。どうやら買ったは良いが寸法が合わず返品に来る客が居るらしいのだ。一旦ばらしてしまった品物は返品不可である。剪定ばさみで幅を揃え、完成である。



 教訓、寸法を確認してから物を買うべし。カミさん、亭主の苦労を知ってか知らずか、「あら、冬もこのままでイイんじゃない。巻き上げられるし……」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2019/05/26/9077075/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機