★ 扇子、修復……2019年07月21日 07:54

 昨日、地下鉄内で扇子を使っていたのだが、急にダラ~ンと見っともない姿に…… 見れば合成樹脂製の「要」が折れていた。紙や骨の部分に損傷は全く無い。一瞬、ムカッ! 捨てようかと思ったが、閑つぶしの材料になるのでは…… そう思えば楽しいものである。しかし、要が壊れた扇子とは、見られたものではない。瞬間接着剤で試したがダメ! 思いついた。そう言えば100均で買った太めの金属線があったはずだ。

 サイズが合えば何とかなる。ピッタリであった。とりあえず見栄え良く、きちんと骨を束ねなくてはならない。この束ねには、我が技量が生きたようである。

 で、修復したのがこの扇子である。

 当分使えるし、愛着すら感じている。使えるものは徹底して使う。昭和生まれの根性か・・・・・・ 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2019/07/21/9131427/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機