★ 金子みすゞと子供の日……2018年05月05日 22:10

 子供の日の今日、天声人語は、金子みすゞを取り上げていた。
『はまは祭りの ようだけど 海のなかでは 何万の いわしのとむらい するだろう』


 彼女の幾つかの詩は知っている。確かにそれらは、ふと何かを、そう、子供の頃の出来事を思いださせてくれる。子供の日にピッタリの人である。思い出した。若くして亡くなっている。明治である、多分、病気で…… ウィキを読み、驚いた。エッ! 自死! 知らなかった。己の浅学を悔やんでも仕方ないし、みすゞの人生に思いを馳せても何の意味もない。そんな思いの中、カミさんが部屋に来た。みすゞへの思いを語った。しばらくして、カミさんが文庫本を持ってきた。それが、「金子みすゞ 童謡集」 何故、こんな本を持ってるの? 明確な答はなかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2018/05/05/8845125/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機