★ カーペットを洗濯機で……2019年07月31日 12:41

 ダイニングのカーペット(188x135cm)、「ちょっと汚れたし…… 前はクリーニングに出したけど、もう古いからバスルームで洗ってみようかと…… もし無理なら捨てても」などと、ほぼ朝一でカミさんが言った。使えるものを捨てるなど以ての外。「湯船に漬けるのは反対だ! もしゴミなどが詰まったら掃除できない。もしやるなら洗い場だ。洗剤とお湯シャワーを掛けて踏み洗いする」 得意げに言ったのだが、「ね~、洗ってくれる?」 急に頭の回転が速くなり言った。「洗濯機で洗えるよ」「布が堅いし、壊れたらどうするの? 買ってくれる?」 いつもの展開に入ってしまった。要するに業務委託(無料)命令である。とりあえず、ZABOONが幾らぐらいだったか聞いた。覚悟を決めた。汚れ具合いが判らないのでと「つけおき」洗い…… その長い事。朝食を摂りながら、洗濯機の動きに耳を凝らす。優に1時間以上経って、ピ~ピ~ピ~(正確に言えば、ZABOONは、6回鳴る) で、炎天下に干した状態がこの写真である。

 ZABOONよ、ありがとう! 多少なりとも面子を保つことができた。

★ 台風と植木鉢……2018年10月01日 10:38



 いやはや凄い台風だった。家の南前には公園があり、大きな桜の木が2本ある。春になれば素晴らしい満開を見せてくれる。大きなビルなどは2,300メートルほど先で、目を遮るものはなく、また空気の流れも遮ったりしない。実に大らかな環境なのだが…… 昨夜の南からの狂風(いや強風だった)にはぶったまげてしまった。とにかく遮るものが無いのである。風に恐怖を感じたのは初めてではなかろうか。で、写真は今朝の庭である。35個ほどある植木鉢のうち、倒されなかったのは4鉢のみ。退避させなかったのは迂闊だったが、まさかあれほどの風が吹くとは思っていなかった。なにやら、このような異常ともいえる災害を伴う自然現象はこれからも続くらしい。う~ん…… 唸るのみである。
 蛇足ながら、今日の最高気温は34度との予想。扇風機はしまい、電気ストーブが置いてある。仕方ない、クーラーにスイッチを入れてこれを書いている。 

★ トイレマットと下着の洗濯……2018年09月19日 11:49



 フェンスの目隠しを兼ねてテイカカズラ、羽衣ジャスミン、時計草などを植えているが、ややもすると枝がだらしなく伸び放題になってしまう。春から夏にかけて3、4回剪定を行うが、特にテイカカズラは元気過ぎるため、1か月おきになってしまう。
 前回は、8月11日だったが今日も剪定することにした。その最中に、シーツ類の洗濯が行われた。シャワーを浴びて、清々しい気持ちでバルコニーに洗濯物を干した。それほどの汗ではなかったし、量は少ないのだが、天気も良いし私の下着、Tシャツ、短パン、タオルハンカチを続けて洗濯することにした。「オ~イッ! 俺の下着類、洗濯するぞッ!」 2階からカミさんに声を掛けた。「イイわよ~。じゃ~ついでにトイレマットも一緒に洗って~ッ!」 トイレは、1階と2階にある。つまりマットは2枚である。たまたま、私の下着類と一緒になっただけである。あえて一緒に洗えと言ってるのではないはずだし、他意はないはずだ。いや、そう思いたい。

★ 悲しき東芝……2018年05月14日 06:34



 また、REGZAの画面が真っ黒になった。2015年2月26日にBRレコーダーと一緒に購入したテレビ。2年後に東芝からバックパネルの不具合(画面が真っ黒になる)が判明したため「保証期間の延長」の知らせが入る。連絡し、2017年3月21日にLCDパネルを交換してもらう。たった1年で同じ不具合…… 東芝に連絡。とりあえず過去の修理等の履歴は管理されているらしく、「急ぎ対応させていただきますが、15日になります」 淀みない対応に違和感を感じてしまった。そうか、この機種は不良品なんだ。パネルを交換しても、また1、2年後には同じように画面が真っ黒に…… 2か月ほど前に洗濯機ZABOONを買った。洗い上がりにムラがある。HITACHIでは、そんな事はなかった。
 東芝…… 経営体制だけでなく、製造体制にも「偽り」が蔓延してしまったのか? プライドを持って「東芝」に入社した大勢の真面目な社員たちの今は…… 推して知るべし……

追)すったもんだの末にTVを交換することになった。今日、4Kで前のより1インチ大きいという新しいREGZAが届いた。サービスマンの方とは顔馴染み。別れ際、「また何かあったら…… イヤ、もう会わない方がイイんですよね」「はい、私もそう思います」



★ 体温計…… 安物買いの……2016年02月08日 09:52



 熱っぽい…… 電池切れなのか、CITIZENの体温計の動きがおかしい。20年ほど前に買ったような気がする。電池交換タイプではないが、よくも長い間…… 「お疲れさまでした」 さて、同じような物を買うか。行きつけの、ドラッグストアーに行った。CITIZEN-60秒(1,600円位)と、OMRONの1,000円があった。体温が気になるのは、体調が悪い時で一刻を争うものでもない。60秒に拘るのは止めよう。
 居間で計ったが、うんともすんとも言わない。CITIZENであれば、もうとっくにピピッである。説明書を読んだ。エッ! 計測に、5~10分掛かるだと! 呆れる中、7分ほどで、ピピッ! 幾らなんでも長すぎる。そう言えば、この体温計が何分掛かるか店で確認しなかった。たかが体温計とは言え、実に気分が悪い。散歩ついでに数軒の店で探してみた。な、なんと! 20秒の体温計があった。価格は、1,700円前後。う~ん…… 20秒…… 家に帰り、ググった。同じ物が、Yodobashiでは送料無料で、1,350 円。
 体温計などは、そう頻繁に使うものではない。7分と20秒にどれほどの意味があるのか…… 云々云々…… 7分でもイイではないか…… そう考えながらも、落ち着かない。注文した。届いた。計った。早い! 
 頭に浮かんだ言葉…… 「安物買いの銭失い」

注)上が20秒体温計である。

★ スタンドカラーYシャツとクリーニング……2015年11月12日 09:25

 スタンドカラーYシャツは、大好きである。長袖、半袖を揃え、カジュアルだったりハーフ・オフィシャルな場に着用している。現役時代は、オフィシャルな場がほとんどであり、普通のYシャツにネクタイだったが、今は、ネクタイの結び方を忘れるくらいである。蛇足ながら、結び方は、ハーフウィンザーノット。で、Yシャツだが、真夏は1日着用すれば汗まみれ、ヨレヨレであるため、クリーニング屋に頼んでいたが、秋冬は、汗の搔き具合で2回までOKとしていた。


 何故、こんな事をグチャグチャ書いているか。写真のスタンドカラーは、先月末の大學のクラス会で着たものであるが、この時期であれば、2回の着用が許される。そこで、今月14日にある中学校のクラス会に着用した後、クリーニング屋と思っていた。ところが、なんと痛風に罹ってしまい、ドタキャン。着る機会を失ってしまった。たった1回でクリーニング屋に出すべきか。下手すると、スタンドカラーは、500円である。2回着れば、1回当たり250円。Yシャツとほぼ同じであり許される。さて、どうするか…… エッ? 大した問題じゃないだろう、ですか。そう言われれば、そうなんだけど……

★ 左踝に痛風……?2015年11月07日 14:28

「病のデパート」と言われて久しいが、また、一品目、加わってしまった。真面目に奥様の個展のお手伝いをしていたが、4日の夕方頃から左足の踝周辺に痛みが出た。別に捻ったりした覚えはない。5日は、朝から何となく痛いが、画廊で何人ものお客さん(友人)との楽しい会話をして帰宅。痛みが増してきた。見れば腫れているし、熱っぽい。いかんな、知らず知らずのうちに足を捻ったのだろうか。熱を計ったら7度9分。捻挫と風邪か…… いや、インフルエンザだったら堪らない。6日は、お手伝いを断念し、行きつけの整形外科に。医者、患部を触り一言。「痛風だね」「エッ? 痛風って親指の付け根じゃないんですか?」 素人が何ほざくんだ的表情で、「レントゲンと血液検査」


 写真で説明を受けたが、何処に尿酸結晶が付着しているかなどは判らなかった。ま、仕方ない、薬での治療が始まる。
 ところで、2012年以降の整形外科に関連する品目を整理してみよう。
 ・2012年:右肋骨3本骨折
 こう見ると、肋骨、背骨、膝、踝へと、整形外科系の病は、徐々に下がっている。もうこれ以上、下がる部位はない。多分、今回で打ち止めだと思っている。
 
 蛇足ながら骨密度は、0.584g/c㎡。この数値は、同年代比較では、118%と全く問題はないらしい。骨でなければ、筋肉の衰えなのだろうか……

★ M ジョーダン「運命よ……」2015年04月12日 11:28

 たまにだが、「世界一受けたい授業」を観る。昨日の授業で「レジリエンス(精神的回復力、抵抗力、復元力、耐久力)」がとりあげられていたが、その中で、マイケル・ジョーダンの言葉が紹介された。凄い! ビックリしてしまった。
 『 運命よ、そこをどけ。オレが通る 』


 こういう人がいるんだ…… これを聞き、落ち込んでしまった。

★ Nikon P900は、デカイ……2015年03月26日 07:38



 以前、「Nikon、P610とP900……」をアップした。買おうと思ったが、やはり実物を確認した方が良いに決まっている。そこで、量販店に行った。
 あった! う~ん、何だ、このデカさは! が、第一印象。ホールド具合などを確かめたが、悪くない……が、いかにもデカい。隣りのP610に目がいってしまう。Coolpixの製品コンセプトを詳しくは知らないが、一つにコンパクト性があると思う。その意味で言えば、P900は逸脱している。急に気持ちが萎えてしまった。
「ズームで選べば、COOLPIX」 ズームを試した。最大ズームには、やはり三脚、一脚が必要だと再認識した。それよりもなによりもである。マニュアル・ズームの速写性などの心地良さを知った者には、電動ズームのモッタリ感やもどかしさは如何ともしがたくイライラ感が増すばかりであった。もっとも、これはこの機種に限った事ではないのだが…… 
 小型軽量、そこそこの倍率の手動ズーム、ファインダー付き一体型の極々安価なデジカメ…… エッ! そんなの有る訳ない……ですか? ですね。

★ 「車は左、人は右」だったはず……2015年03月25日 18:45


 子供の頃、「車は左、人は右」と教えられた。真面目一方な私である。歩く時は、きちんと右側通行を守ろうとしているのだが…… 写真ご覧いただきたい。皆、左側を歩いている。私一人が、強引に右側を歩いたたとしたら、多分、「このおじさん何よ! バッカみたい」となるに決まっている。When in Roma, do as the Romans do. 敗北感を抱きながら、左側を歩かざるを得なかった。

             日本のゲーム機