★ 胸椎圧迫骨折……?2014年09月25日 12:57

 昨日の朝の出来事である。ベランダで正真正銘の尻餅をついてしまった。体中に走る痛み。身動きできない。カミさんに助け起こしてもらう。腰から背中に痛み。ままよ、一晩寝れば…… 痛みをこらえ布団を敷き昼寝。心なしか痛みが増してくる。こりゃヤバイ、昼寝どころではない。即、一昨年、肋骨を3本骨折した時、お世話になった近所の整形外科に行くことにした。
 ん! 親父の杖!


 姉貴が、戌年の親父にプレゼントしたものである。(蛇足ながら、お袋も私も戌年。親父お袋一回り、お袋私は二回り。ところで親父と姉貴はもういない)
 女医曰く、「普段から杖を?」「いえ、たまたま親父の杖を」 レントゲンを撮り、診断結果を聞く。「第12胸椎の圧迫骨折のようですね。MRIを撮ってください」 確かに四角っぽい骨の上の部分が陥没している。鎮痛剤と湿布の処方。「コルセットですけど、採寸して作りましょう」 冗談じゃない、コルセットは3つも持っている。その一つはオーダーメードで数万円した。「先生、持ってますからそれを使います」「う~ん、では、次回持ってきてください」 なにを! 可愛い顔をして疑っているのか! ま、イイだろう。 帰宅し、着けてみたのだが、無理してやっと装着できる状態。それはそうだろう、当時より腹回りは格段にメタボっている。しかし、女医が何と言おうが、これを使うと言い張るつもりだ。また、4万、5万は堪忍してくれ!

 今朝9時に中野駅の近くのメディカル・スキャニングに行く。問診あり。「杖はいつも?」 どうも医者は、杖を気にするようだ。「いえ、たまたま親父の杖を……」 CDを受け取り帰宅する。
 きょうつい? 腰椎じゃないし、その上だったら背骨では?


 背骨とは呼ばず、胸椎と言うらしい。第12は、胸椎の一番下、腰椎の一つ上の骨であった。女医は、レントゲンを見て、すぐに第12胸椎と言った。別に番号が書いてあるわけでもなし、腰椎と胸椎が色違いである訳もない。素人が見ればほとんど同じ形状の骨たちである。ま、とりあえずプロだな。次回、誉めてやろう……

 要は骨折である、肋骨の時もそうだったが、痛みをこらえ、自然治癒を待つ以外ないはずである。どうせ出億劫の毎日、ま、仕方ない。
 これでまた、輝かしき「病の百貨店」にメニューが一つ増えてしまった。

(追)
 私の左肺の一部は、ホッチキス止めされている。ステンレス製で、医者に言わせれば、一生、溶けたり消えたりすることはないという。で、MRIだが、検査の前に毎回しつこく確認される。今日もそうであった。「ホッチキスが入ったまま、何度もMRI受けてますから大丈夫です。ところで、映像に影響が出るんですか?」「いえ、磁気の影響で熱を持つことがあります」 なるほど、電子レンジみたいなものか。とりあえずとの事で承諾書に署名した。検査の間、今までと違い、何となく体が熱い。人間とは勝手なものだ。説明を聞いたから、そう言うものだと思い、体が火照ってしまう。しかし、終了後、検査技師が、「暑かったですか?」と笑った。そう、汗を掻いていたのだ。
 一応、MRI:核磁気共鳴画像法(Magnetic Resonance Imaging)を、ググってみた。外部から磁場を掛けて信号を得るとあるが、チンプンカンプンであった。できれば、もう世話にはなりたくないものである。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2014/09/25/7442833/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機