★ 花まつり(灌仏会)に思う……2020年04月10日 11:11



 昨日、4月8日は「花まつり(灌仏会)」だった。今も各お寺では、花御堂を設け、堂の中に水盤を置いて釈迦の立像を中央に安置し、参詣者が御像に甘茶をかけているのだろうか。
 幼稚園は、練馬区にある東高野山長命寺幼稚園(現在幼稚園はない)で、花まつりを経験した。昼休みだったと思うが、先生が甘茶を配ってくれた。実に不味かったのを覚えている。「お釈迦さまは、こんな不味いお茶が好きなんだろうか」と不思議な気持ちになったものである。
 ふと、信者の割合が知りたくなった。「宗教年鑑(H29版文化庁)」によると、神道茎46.5%、仏教系48.1、キリスト教系1.1、その他(イスラムなど)4.3 とあった。クリスマスといえば、やたら大勢がギャ~ギャ~騒ぎ出すが、いわゆる似非信者が多いのだろうか。実は、この統計では、合計1億8226万6404人となっており、これは日本の総人口(約1億2600万人)の約1.5倍。つまり複数の宗教の信者がいることになる。調査手法を調べたら、宗教法人を回答者とした申告制だという。一方、個々の国民へのアンケート調査などでは、「何らかの信仰・信心を持っている、あるいは信じている」人は、20~30%程度だったという。だったらこのアンケート時に宗教を調査すれば、ほぼ実数に近い信者数が判っただろうにと思ったがアンケート調査や統計は、ある目的を持って行う事が多いため、ま、こんなもんなのだろう。(あるコンサルタントから「統計でウソをつく方法」を聞いた事を思い出した)
 なお、先の調査では、キリスト教系信者は、191万4196人だったらしい。これに外国人が加われば、渋谷がパンクするのも納得できる。甘茶から、妙な方向に話が行ってしまった。
(なお、画像はネットから無断借用した)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2020/04/10/9233803/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機