★ メタボリック・ロードレーサー ……2010年11月06日 22:29

 ロードレーサーがメタボリック症候群に罹ってから久しい。肥りきったフレームやリム。さらにケバケバしいペイント・デザインと、これ見よがしにプリントされたボールド・フォントによるメーカー名やモデル名のロゴ・デザイン。その下品な姿は、ロードレーサーとは呼べないのではないか。マウンテンバイクの亜流的な存在になっている。勿論、マウンテンバイクを否定するつもりではない。彼らは理に適ったデザインを保っている。
 テレビなどで「サイクルモード2010」が紹介されている。展示されている自転車だが、やはり「メタボリック・デザイン」が主流のようである。三枚の写真は、asahi.com からの転載であるが、ピナレロやボテッキアなどは、正にメタボな中年を思わせるスタイルである。救われるのは、ジオスのようなメーカーが、まだ存在する事である。

 ◆ メタボリック・ロードレーサー


● ロードレーサー
   

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2010/11/06/5475993/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機