★ 脆弱WinLiveメールを捨て、Outlookに……2016年01月09日 10:52



 Windows Liveメールには、ほとほと困り果てていたのだが、なんと大晦日、またまた中身共々保存フォルダーが消えた。ここ1年半で、5度目である。仕方ない、いつも通り、復元されたアイテムをいじりだしたが、かなりイライラが募っていたためだろうか、気付けばメーラー自身が消滅してしまった。再インストール…… とは言え、これは結構面倒である。それに、どうせ、また消滅するに決まっている。で、以前使ったことがあるThunderbirdに決めた。だが、何度やってもインストールできない。とにかく受信だけはと、Outlookをインストールした。
 1月2日、手間が掛かったが保存しておいたアドレス帳(CSV)をインポートし、四苦八苦して使い易いように画面レイアウトを整理。なんとか満足できる雰囲気になった。次に保存しておいたメール・メッセージ(.eml)だが、インポートは可能らしいが、やたらと面倒な様子。必要になったら開けば、とも思ったが、このままのファイルでは件名などは判らない。諦めかけていた時に思い出した。eml のビューアがあるはず。「emlCheck」を見つけた。開きたいメッセージをクリックすれば、Outlookで読むことができる。
 これで脆弱極まりない「Windows Liveメール」と、おさらばできた。しかし、何故Thunderbirdがインストールできないかとの疑問は残るが、ま、イイかの心境である。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2016/01/09/7984549/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機