★ 懐かしきパイプたち……2018年11月15日 17:12



 年末を控え、大掃除を前に何年か振りで棚にあるパイプたちを手に取った。思い起こせば40年も前であろうか、パイプ煙草が流行り、オフィスでもパイプを咥えて香り良い紫煙を燻らせたものである。このパイプたち、2度目の禁煙から12年目の今(一度目は、35歳から8年間)、ただただ静かに見守ってくれているだけになっている。一つ一つに思い出がある。ニューヨークで購入したのが5本。後列右から三番目は、CHARATANでロンドン製の高級品。店で、これが欲しいと言ったら店員が店中に響く声で「このJapanese Young Gentlemanが、Charatanをrequestしました!」と、明らかに小ばかにしたように…… イスタンブールではメシャムを買ったが、勿体なくて、一度も燻らせたことはない。クレーパイプもあったのだが割ってしまった。キセルを買ったついでに、刻み煙草を買い、喫ってみたのだが、その辛さには驚いてしまった。パイプたばこで、好きだったのは、Kentucky Club MixtureやBorkum Riff Whiskey。パイプ、一つ一つが丁寧に作られている。愛おしさすら感じるが、もう口にすることはないのだろうか。ふと、どうせいずれは…… であれば、その前に、一つ一つを口に紫煙を……

追) 親父はパイプを手作りしていたが、私は敬遠。せいぜいボウルトップの縁を削って丸みをつけたぐらい。


 こうすると親指の腹でチャンバーに触れた感触が優しいし、ほど良く納まってくれる。指触りの心地良さ・・・・・・ 普段愛用したのは、左の2本。ブライヤーだが、右の高級品と比べ軽い。デザインも左手にすっぽりハマるし、咥えていても疲れない。今、真ん中のパイプを左手に持ち、その手触りを味わっている。あ~、喫いたい! 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2018/11/15/8999130/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機