★ 素晴らしきロードレーサー Everest ……2010年05月27日 17:56

 趣味の一つに、ロードレーサー(ロードレース用の自転車。軽量で剛性が強い)による散歩(?)があった。とにかくスピードと流れ落ちる汗にまみれる爽快感は、生きてるな~との素晴らし感覚を与えてくれる。過去形であるのは、残念ながら加齢による体力の衰えと種々の病の為である。ま、仕方ない。
 ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリヤなどの映像でロードレーサーを見た人は多いと思う。(競輪の自転車は、ピスト:バンクを走る事に特化した自転車で、変速、ブレーキ、フリーギアがついていない)
 Goecheは、自転車が大好きである。特に、ロードレーサーの美しさは、いつまで眺めていても飽きることはない。眺めて美しく、走って爽快…… (自分が汗を掻きながら走っている姿を、第三者的に見ることは出来ないが、ひょっとすると自分が思い描くほど、格好良くはない
ように思っている。やはり足が長くないと美しくないのである)
 Goecheは、オーソドックスなロードレーサーとファニーバイク(後輪は通常のサイズ:27インチ、前輪は、24インチ)を持っているが、このオーソドックス・ロードレーサーが、ちょっと ”由緒アリ!”なのである。ロードレーサーのフレームは、基本的にオーダーメイドである。(詳細は割愛) ロードレーサーは、ヨーロッパ、特にイタリアで発達したと言える。フレーム・メーカー、パーツ・メーカー …… 涎が出るようなブランドが目白押しであった。そんな中で、日本でのフレーム・メーカーとしての草わけが土屋製作所である。ブランド名は、Everest。何故だか理由は不明だが、「エバレスト」と呼ばれている。
 Everestの美しさに魅せられてしまった。縁とは不思議なものである。当時の社長と専務(現在、社長)と、ある人を介して会うことができたのである。そして、Argent を購入した。下の写真の赤いフレームのAgentである。

Everest

 エッ! 写真のArgentかって? 我が家にある Argent の製造番号は、D800001である。つまり、製造 1番なのである。土屋さんに確認した。この写真の Argent は、私の…… もちろん答は、Yesであった。実は、製造番号1番を見つけてくれたのは、石神井警察署の警官である。自転車登録の際、あれッ? 1番ですね。エッ! そんな感じである。
 今、ロードレーサーだけでなく、いろいろな自転車が走っているが、そのゴテゴテ感に辟易としている。(ママチャリは、別扱いとして)必要なパーツだけで、しかもフレームは、オーソドックスなロードレーサーが良い。極力、シンプルに、そして、軽く、そして強い。シンプルな、オーソドックスなデザインで、人間の力だけで疾走するロードレーサー…… Goecheは、そんな風景が大好きである。

Everestカタログ……保有するカタログを掲載しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2010/05/27/5119210/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機