★ ロードレーサー & ファニーバイク2010年06月08日 22:03

 先日、Goecheは、ロードレーサーとファニーバイクを持っていると書いたが、加齢による体力の衰えと種々の病の為、乗るのにためらいがあり、ただ眺め、たまに埃を掃うだけであった。要するに”お飾り”である。不要な部品を取り除き、ただ早く走ることだけに特化したロードレーサーは、眺めるだけでも満足感を与えてくれる。
 気候が良くなると道路を走るロードレーサーを見かけることが多くなる。どうにも気に喰わないのである。何が? デザインである。ロードレーサーの本来の目的を逸脱したゴテゴテ自転車。ママチャリに毛の生えたようなものである。だからではないが、ますます、我がArgent を美しいと思ってしまう。走らせてみよう! 
 まず、ペシャンコになっているチューブラーに、7.5Kg/c㎡のエアーを入れ、簡単マイペットを布にしみ込ませて汚れを拭いた。次に、トリフローで各パーツをオイルアップ。とりあえず Argent を走らせてみた。ドロップハンドルが恐い。(ドロップハンドルに慣れると、背筋を真っ直ぐに伸ばして走らなければならないママチャリは、体のバランスが取り難く、恐くて運転できないものである) しかし、路面を捉えるチューブラーの金属的な響き。体全体に感じる硬質でありながら淑やかな振動…… 硬質さと淑やかさは相反するものと言われるかも知れないが、優れたロードレーサーは、この両極端な感覚を与えてくれる。
まっ茶色なバーテープを、純白なコットン・テープに貼りかえた。

Everest 「Agent」
    Everest 「Argent」  (土屋製作所)

Funny Bicycle
  Maruishi「Emperor」(Setting:タカムラ製作所)

 
 ファニーバイクが流行った時期があった。欲しかった。しかし、出来合いの完成品を購入するつもりはなかった。どこかにオリジナリティーを出したかった。だからと言ってフレームをオーダーメイドするほどの金もない。とりあえずフレームを捜した。丸石Emperorに決めた。リムは、お気に入りのARAYA。パーツは、Shimano600。
 で、アッセンブルは? 練馬区に住んでいる。近隣のメーカーを捜した。「タカムラ製作所」 Ravanello なるフレーム・ブランドを持ち、レーシング・チームも持っている、結構、有名なメーカーである。電話を入れたが、やはり、Ravanello製作に忙しく、無理だと言われた。この時期、Goecheは、ある外資系企業に勤めていたが、この企業が「TOUR DU JAPON」なるロードレース・イベントを主催していた。ちょっと気が退けたが、XXXの社員だと言ってしまった。高村さんは、う~ん、ま、とにかくお会いしましょうか、と言ってくれた。
 Everestを走らた。製作所の前には、チームのメンバーらしきジャージを身につけた何人かがいた。高村さんは、フレームを製作している最中であった。高村さんが録画した「TOUR DU JAPON」を観ながらいろいろな話をした。しかし、ファニーバイクの話になると、う~んであった。その時、高村さんが外に居たメンバーに、自転車は何? と大きな声で訊いた。彼は、これまた大きな声で、「エバレストです!」 高村さんの顔つきが変わった。「土屋さんか。今は、息子さんが専務として経営しているけどね」 Everest購入のいきさつや土屋さん親子と面識があることを伝えた。結局、Everestが決め手になったような気がする。しかし、考えてみれば、図々しい話である。Ravanelloなるブランド名を持つフレームビルダーにセッティングを頼んだのである。
 電話があり、製作所に。ファニーバイクは、ほぼ完成していた。高村さんは、ブルホーン・ハンドルにドリルでブレーキ・ケーブル用の穴を開けていた。手際の良さはさすがである。ほどなくして完成した。ちょっと走ってみろと言われ、製作所の前を走ってみた。Goecheは、どちらかと言うと胴長短足なのだが、全く違和感のない乗り心地。ステム・サイズやブルホーンは、お任せだった。「体のサイズなど計ってはいないのに、ピッタリですね」 高村さんは、笑いながら、一々計らなくても体を見ればサイズは判るよと言った。つまり胴長用にステムなどをセットしてくれたのである。プロは、やはりプロである。

 話を現在に戻そう。ファニーバイクの前輪のエアーが抜けている…… エアーを入れ直した。翌日、やはり空気漏れ…… これ以降の話は、次回とする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2010/06/08/5148146/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機