★ 「もう男なんていらない!?」……2012年07月08日 11:26

 「たけしのニッポンのミカタ」 たま~にしか見ないのだが、7月6日(金)の「もう男なんていらない!?」は面白かった。女性専用ビジネスによる売り上げの向上、男子禁制の集いによる女子力アップ……  特に幼稚園での工作の実験には驚いた。男女混合クラスと女子だけのクラスだが、混合クラスは、先生がいなくなった途端に、クラスの落ち着きがなくなり、明らかに集中力が分散しだし、ついには時間内に完成できなかった子供も何人かでてしまった。一方、女子だけのクラスでは、各自が工作に集中し、作り方が判らない子がいると何人かが教えたり手伝ったりする。結果、全員が時間内に完成。勿論、それらこれらの内容から、男なんかいらないとの結論は出ないのだが、若者の所得が男女逆転とのデータや草食系(主体性のないと言う意味か)男子の増加などを見ると、ふと、以前書いた「アンコウ」を思い出してしまった。

 なお、写真(「おじょうのフォト日記」より)は、アンコウの大人のオスだそうで、その運命は、下記をご参照ください。

★ 再び、Book-Off のお話し……2012年07月15日 07:04

 またまた、Book-Off のお話し……
 先月初めに、Book-Offで、此処で買った105円文庫本も買い取るのかと店員に訊いた話を書いた。店員全員が手を止め、私を見つめたとも書いた。
 昨日、ふらっと寄ってみた。何と該当の文庫本105円本棚に、綺麗に印刷作成されたタグが何枚も差してあった。曰く『読み終わりましたらお売りください』
 ん? 俺が訊いたから? まさか~? いや、ひょっとして? 試す気はないし買い値がつくかどうか幾らかは判らない。しかし、うまく回転すれば良い商売である。ま、一種の貸本屋的なシステム。多分、貸本屋の本の所有権は貸本屋になるはず。貸本屋ビジネスは、世間を性善説としてとらえ、貸した本は必ず返ってくるとの前提で成り立っていたはず。(過去形で失礼!) Book-Off の場合は、そんなことは関係ない。読み終わったら、どうします? 蔵書として本棚に? 

 文庫本に対しては、一種の偏屈なこだわりを持っている。こんなことがあった。
-------------------------------------------------------
 熱しやすく冷めやすい性格。本を読みだすとド~ッと読み出すが、ふと読まなくなるの繰り返し。読み出すと同じ作家の作品を続けて読む。この性癖は社会人になってからのものである。その作家の読みたい本が見つかるまで何軒も本屋を歩く。その作家の出版本がなくなった時、次の作家に移る。エッ! ウッソ~ッ! 著名な作家が出版する本の数ってすごいんじゃない! 実は、読むのは「文庫本」と頑なに決めているのである。つまり、文庫本として出版された本がなくなれば、次の作家に移る以外にないのである。従って、単行本を買った経験はない。
 10年ほど前であろうか、カミさんが、これらの本、また読むことあるの?と訊いてきた。理由は簡単、うず高く積まれた文庫本の山が邪魔だというのである。山を綺麗に積み直してみた。高さ1メートルの山が約5個。文庫本の厚さは、平均1.3センチである。ざっと、400冊の文庫本。残念ながら財産とは言えない。何冊かを手に取ってみた。活字が小さい! う~ん……読まない。結論が出れば、アクションは早い。資源ゴミとして出してしまった。
--------------------------------------------------------
 もし捨てるのであれば勿体ないですよね。でしたらどうぞお持ちください。ひょっとすれば買い値がつきますし、つかない場合は、こちらで処分いたします……

 いままで、Book-Off で買い、読み終わった本を見渡した。そうか「読み賃105円」と考えれば良いのか…… なんだか妙な気持になってしまった。

★ ご苦労様、扇風機……2012年07月19日 08:20

 昨年8月、シャープに以下のような問い合わせを入れた。
--------------------------------------------------------
 製造番号:4045160 の扇風機(PD-423)を快適に使用しています。

 今年も元気に働いてくれています。ふと、製造年を知りたくなり貴社ホームページで調べましたが、PDの型番は、掲載されていませんでした。少なくとも30数年前に製造された扇風機だと思いますが、教えていただけませんでしょうか。
--------------------------------------------------------
扇風機PD-423 製造年の件
〇〇 △ 様
 シャープお客様相談センターのXXと申します。
 日頃は弊社商品をご愛用賜り、厚くお礼申し上げます。
お問い合わせいただきました扇風機PD-423は、大変古い機種になるため、資料が残っておらず、具体的な製造年の特定ができかね誠に恐縮ですが、1965年のカタログに掲載されておりますので、この時期あたりに製造・販売された商品になるかと存じます。
 約45年もの永年に渡って大切にご愛用賜り、誠にありがとうございます。
 しかしながら、発売からかなりの年数が経過しているため、電気部品の経年劣化により、発煙・発火などの恐れもありますので、安全のために、できればご使用を中止し、買い替えにつきましてもご検討いただくことをお奨め致します。
 また、次のような症状がある場合は、直ちに差し込みプラグを抜いてご使用を中止していただきますようお願い致します。
・スイッチを入れてもファンが回らない。
・ファンが回っても回転が遅かったり、不規則。
・モーター部分が異常に熱かったり、コゲくさい臭いがする。
・回転する前に異常な音がする。
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。
シャープ株式会社 お客様相談センター 
---------------------------------------------------------
 至極、もっともな回答であるが、昨年は気を付けて使用した。
 今年も使い出したが、1時間ほど使うとモーター部分が熱くなる。コゲくさい臭いは全くしない。まだまだとの思いも強いのだが、そろそろご苦労様かな。
 この扇風機、結婚して引越すときに、買うのは面倒なので実家にあった一番古いのを貰ったものである。見れば見るほど扇風機的な扇風機。
 40数年前、近所に電気屋もなく、母は秋葉原まで買いに行ったらしい。当時は、配達サービスや宅配もなく家まで自分で持って帰ったと言う。しかも、箱は邪魔なので裸で…… 電車やバスの中では、さすがに恥ずかしかったらしい。母がこの扇風機を見ると、いつもこの話が出る。
 今日、新しい扇風機が届く。PD-423は、今も涼しい風を送ってくれている。我が家の夏の歴史を見つめてくれていた愛おしい扇風機である。粗大ごみは辛い。屋根裏部屋に永久保存だな。

             日本のゲーム機