★ 「方眼NOTE」が届いた……2016年01月24日 10:21

 今、話題の「方眼NOTE」を、Yodobashi.comに注文したのが 1月5日。この量販店の即納体制には驚くばかりであるが、今回は、何故か2週間経っても「手配中」の状態。調べた。巷では、「おじいちゃんの方眼ノート」で評判になり、注文が激増。納品に困っているらしい。実に素晴らしい! 待とう。


 届いた。手に取って開いてみたが、不思議な感覚に襲われた。何故、二つのページが、真っ平になるのか。しかも、剥がれることもない。A4版が、A3版になったようだ。


 この技術は、Note業界に革命を起こすのでは、と思った。良くぞお孫さんは、SNSに投稿したと感激しきりである。
 ところで、もう一枚の画像だが、これは、朝日新聞社が販売している「天声人語・書き写しノート」である。


 私は、朝日に何度か電話した。「読み物であれば問題ない。しかし、書くためのノートでありながら、真ん中が膨らんで文字を書ける状態ではない。平らにしようと頑張っても無理」さらに言った。「万年筆で書くと、次のページに文字が滲む。不愉快極まりない。失礼だが、お前の会社で、天声人語を筆写している社員はいるのか。自信を持って言おう、居ないに決まっている!」 もちろん改善の兆しはない。

 話が逸れたが、書くことに喜びを感ずる者にとり、心地良い環境を提供してくれるであろう「方眼NOTE」の技術は、素晴らしい。多分、ノート業界は、この技術を取り入れるのではないかと思う。いや、そうあって欲しい。改めてNOTEを手にしたが、またもや不思議な感覚に陥ってしまった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2016/01/24/7999378/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機