★ 運転免許証返納に思う、Kとの想い出……(3)2016年01月26日 12:05



 自動車教習所に通ったのは、21歳(1968年)の時である。当時、同じ倶楽部の2年後輩の女性(K)と付き合っていた。二人で免許を取ることにした。大學は、武蔵小金井駅からバスだったので、教習所は東小金井にある尾久自動車教習所にした。私が先に申し込み、最初の教習などを受けて、Kに教えることにした。たまたま、技能教習の初日は、大雪の日。雪の上を走ったが、ブレーキの踏み具合が判らない。ツツツ~とスリップ。こんな日に教習を受けたのが失敗だった。この一日分だけ超過してしまった。
 大學でも教習所でも、いつも二人は一緒だった。ある日、「免許取れたら、車買ってくれるって」とKが言った。Kの父親は、大手証券会社の常務だった。実は、Kの両親は、私との付き合いを認めていなかった。父親は、剣道部出身。私は、クラシック・ギター倶楽部。しかも、色白で50キロに満たない痩せっぽちでひ弱な感じの男。大学祭の時に母親と妹に会った。母親が私を見たのは、最初の挨拶の時だけ。あとは全く無視された。嫌われたな。ま、仕方ない。案の定、翌日、Kが悲しそうな表情で言った。「付き合うなって…… いずれ悲しむことになるからって」
 話は簡単であった。あのような男は、女ったらしで、飽きたらすぐに捨てるに決まっている。否定できなかった。Kと付き合う前に、2,3人と付き合っており、しかも、同じ倶楽部の一年後輩と付き合っていた最中に、Kを気に入ってしまい、あからさまに乗り換えたのである。彼女は、退部した。母親の言う通りかもしれない。私は、別れることにした。軽薄な男である。中学時代に気になっていた同級生に電話して、代々木駅で待ち合わせる事にした。その日、Kが話があると言う。「別れたくない」 代々木駅に急いだが、既に1時間以上も遅刻した。彼女はいなかった。家に電話した。お兄さんが出た。「今、部屋で泣いています。そっとしておいてくれませんか」 お兄さん夫婦は、理髪店を開いていて、お世話になっていた。私は、何も言えなかった。数年後、恐る恐る店に…… 「縁あって神戸の方に嫁ぎ、幸せに暮らしています」
 なにやら教習生たちの間で、私とKは「決まり」と噂されていたらしい。実技は終了。府中の試験が控えていた。一人で試験を受け、合格した。喜んでくれると思っていたのだが、Kに笑顔はなかった。「一緒に、試験を受けて、一緒に合格し、同じ日付の免許証を持ちたかった」 なにも言えなかった。一緒にとの思いはあったが、Kが合格し、私が不合格だったら…… 自信無い男である。
 Kも免許を取った。そして、前進4段コラムシフト、ベンチシートのコルト1000を買ってもらった。Kは、コルトで通学。私は、今まで通りバス、中央線、バスで大學に。帰りは、Kとコルトで、井の頭公園の駐車場に。楽しい毎日が続いた。富士五湖巡り、奥多摩ドライブ…… しかし、二人の交際は、親には内緒。Kは、「誰からも祝福される二人でありたい」と言った。残念ながら素直に受け入れることができた。多分、この頃だと思うが、二人の間に、卒業までは一緒に、との了解が出来上がっていたと思う。私の卒業を控えた3月、お別れ記念ではないが、山陰旅行を計画した。思い起こせば、天橋立、鳥取砂丘、宍道湖、出雲大社、秋吉台などへ…… 鳥取砂丘では、雨風が強く、ほとんどの観光客が引き上げていた。広い砂丘に二人だけ。眼前には荒れ狂う群青色の日本海。ふと、このまま死んでしまってもなどと…… 山陰だけで帰るつもりだったが、瀬戸内海側も旅することにした。姫路城が、印象に残っている。結局、卒業式と先生方への謝恩会には出席できなかった。
 卒業するまで…… これは無理だった。入社講習を終え、最初のオフィスは、渋谷にある西野ビルだった。このビルは、西野皓三の西野バレー団(金井克子、由美かおる、奈美悦子など)の活動拠点だった。
 社会人一年目の5月の連休、Kと私は、コルトで房総を一周した。初夏の九十九里は素晴らしかった。広い浜辺に車輪の跡が見えた。走ったが、砂に埋もれた。たまたま先生と中学生らしい6,7人がいた。先生は、お腹が大きかった。「この浜を乗り越えた女性はいなかったよね」と笑いながら、車を押してくれた。
 Kを職場の人たちにも紹介した。華やかな環境の中、私は、徐々に仕事にのめり込んでいった。Kの誕生日は、9月。吉祥寺の喫茶店で会うことにした。私の頭の中は、楽しい仕事の事で一杯だった。待ち合わせを思い出し、急いで吉祥寺に向かった。約束時間から1時間以上も過ぎていた。「ごめん」 プレゼントも持たない手ぶらの私。Kは、立ち上がり、「さようなら」と言って出て行った。その時、私は、「一緒になれないんだし…… ま、仕方ないな」 一般的に言えば、私はKを振ったことになる。
 仕事は順調だし楽しい毎日が続いた。その2年後、付き合っていた女性を大学祭に招きたくなった。Kの事は頭になかった。正門から…… 幾つもの模擬店が並んでいる。正面の模擬店に、なんとKがいた。Kも気が付いた。二人は、軽く会釈した。失礼な男である。上の空で彼女を案内し、武蔵小金井の駅に送り、急いで大學に戻った。模擬店は終了していたが、Kは、同じ場所に立っていた。「戻って来ると思ってた」 二人で、夕暮れのキャンパスを歩き、幾つかの模擬店に入った。Kが言った。「まだ、私たちの事を覚えている人がいるの。私が、卒業するまで、女の人と来ないでほしいの」 
 Kの車は、日産に変わっていた。「三菱の方が、サービスが良かったの」Kの運転で井の頭公園の駐車場に。公園を歩き、吉祥寺の喫茶店に行くことにした。暗い公園を歩きながら、私はKの肩に手をおいた。Kは、そっと手を外して、「もう止めて」と言った。喫茶店では、お互いの近況報告に花が咲いた。しかし、その話の中に、二人の繋がりはなかった。そう、終わっているのである。
 駐車場に戻り、車の中で握手した。「ありがとう」 私は、車を降り、Kを見送る事にした。動き出した車が、他の車に接触しそうになった。動揺してるのかな? 走り去る車…… 突然、強烈なる思いが、突き上げてきた。「あっ! 大切なものが!」 Kの家は、玉川上水を200mほど行き、左折したところにある。その間に、信号機はない。走った。曲がり角に着いた。ガラガラッ! ガレージが、閉まる音…… 私には、走り寄り、ドアを叩く勇気も自信もなかった。その時、浮かんだ言葉は、「失恋」だった。Kは、私に振られたと思ったかも知れない。だが、この時、本当に振られたのは、私だと思った。
 寝ては夢、起きては現幻の…… この状態は、2年ほど続いた。ある日、Kから結婚したとの葉書が届いた。勇気を出して電話した。ご主人が出た。「大学の先輩です。葉書をいただいたので、おめでとうと言いたくて……」「ありがとうございます」 待ったのだが、Kからの電話はなかった。
 長々と…… 運転免許証にまつわる、想い出話でした。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2016/01/26/8000855/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機