★ 3度目の陥入爪(巻き爪)手術……2016年06月02日 07:30



  先月、左足親指(内側)の陥入爪手術を受けたばかりだったが、今度は、右足親指(外側)の手術である。1週間ほど前から、指先が赤く腫れ上がり、痛みが続いたため覚悟してクリニックへ。答えは、即、手術であった。この指は、10年ほど前、他の病院で手術を受けているが、どうやら再発(?)するものらしい。手順等は、もちろん前回と同じである。今回も、切除した爪の説明を受けたが、どうせ捨てるに決まっている。「それ、もらえます?」 血と多少の肉片がついた爪を、ガーゼに丁寧に包んでくれた。長さ、15ミリ、幅、8ミリ。写真を撮り、掲載しようかと思ったが本人が見ても生々しく、不気味。ややもすれば悪趣味と言われかねないので止めた。しかし、何故同じような症状、治療が続くのか不思議である。たとえば、左上奥歯の治療が終わると、次に右上奥歯が痛む。治療すると、さらに下の右、そして左へと続いてしまい、結局、数か月の間に口の中を一周してしまう。
 この日の陥入爪手術は、私を含め3件だという。私の前は、かわいい女子小学生。処置室から、親指に絆創膏を貼り、足を引きずって出てきた。本人よりも付き添いのお母さんの顔の方が強張っていた。「次は、おじさんだよ」 ちょっと、ニコッと笑ってくれた。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2016/06/02/8100750/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機