★ 「痛風」にはまった……?2016年07月22日 11:22



 病のデパートを自任しているが、痛風がメニューに加わったのは、2015年11月6日、左足くるぶしの発作が最初だった。捻挫だと思い、整形外科で診てもらったら痛風だといわれた。尿酸値は、7.5。何年か前の検診で、9.8mg/dlの時があったが、まったく症状はなかったため、痛風には無縁と思っていたのだが…… 尿酸降下薬フェブリクを服用する。この薬により「血液中の尿酸」が減り、それに伴って「結晶化した尿酸」が再び血液中に溶け出し、排泄される。おかげで、7.0以下に収まり、もう安全かと思ったら、今年6月6日に左足親指に、そして7月8日には右足人差指に、さらに同月17日に右足のかかとに。現在、発作最中であり、歩くのがつらい。どうなってるんだ! 痛風について調べた。
「結晶離脱説」が定説らしい。
①一時的に尿酸値が上がっただけでは痛風発作が起きない
  9.8でも出なかったが……納得
②高尿酸血症が数年間持続しないと、痛風発作が起きない
  長年の蓄積か……納得
③急激に尿酸値を下げると、痛風発作が起こる
  まず10mgから始めましょう……納得
「尿酸値7.0以上が続くと、血液に溶けきらない尿酸が結晶化し、関節に沈着。ストレス、激しい運動、尿酸値の急激な変動などにより、沈着していた尿酸の結晶が関節の中で剥がれ落ち、白血球がそれを排除しようと格闘を始め。その結果、炎症(痛風発作)が起きる」 つまり、尿酸結晶が蓄積されている間は、何かのきっかけで剥がれ落ち、いつでも発作が起きることになる。連続して発作が起きたが納得である。運良く同じ部位には起きていない。結晶が剥がれ落ちてしまったと考えたいが、別の部位に発作が出るかもしれない。消炎鎮痛剤ロキソニンを服用し、部位にロキソニン膏薬を貼り、発作が収まるのをひたすら待つ以外にない。今回で終わってほしいのだが……

追)足の指だが、親指の隣りは? 調べたら手と同じで、「人差し指」と呼ぶらしい。なんだか妙な気持ちになった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2016/07/22/8135962/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機