★ ツィターと「第三の男」……2017年02月27日 06:26



「第三の男」 アントン・カラスのツィターで彩られた作品。キャロル・リード監督、ジョゼフ・コットン、アリダ・ヴァリ、オーソン・ウェルズ、トレヴァー・ハワード…… VHSで録画している。筋書きもすべて頭に入っているが、何故か、観たくなる。何故なんだろう? ストーリーの素晴らしさもさることながら、やはり、シーンを印象付ける、カラスのツィターかも知れない。撥弦楽器が奏でる信じられないほどの世界……

 撥弦楽器1本で作られた映画と言えば、「禁じられた遊び」がある。弦を爪弾いて曲を織りなす。人間の感性に訴えやすいのだろうか。
 歳取ったカラスをインタビューした放送を観た。「私は、世界最高の絶対的な音楽家である」 認める。しかし、そんな事を言ってはいけないのでは…… そういえば、イエペスは、演奏会で例の曲を弾かないと観客が納得しない。アンコールで必ずリクエストされる、と嘆いたと聞く。檜舞台に引き上げてくれた一つの曲がその人にまつわり付き、生き方を左右する。自慢する人、嘆く人。

 ストーリー、俳優、演奏者、スタッフ…… そして監督。この作品は「傑作」だと思う。ツィターとアリダ・バリ、特にトレバー・ハワードが格好いい。何度も観るが、その度に、心を揺さぶられる。感謝! ツィターの演奏は難しいという。カラスの後継者はいるのだろうか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2017/02/27/8377821/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機