★ 11月、映画Video鑑賞リスト……2015年12月01日 07:45



 11月は、13本。所用で外出が多かったり、体調不良などでVideo鑑賞どころではなかったためだ。3月1日からの累計は、252本になった。(3月51本、4月35本、5月27本、6月30本、7月28本、8月20本、9月20本、10月28本)
 本数は少なかったが、印象深い作品を鑑賞できたように思う。第2次世界大戦をベースに思想弾圧、ユダヤ排斥の中で健気に生きる少女を描いた「やさしい本泥棒」、スペイン、フランコ独裁に立ち向かうレジスタンス運動に翻弄される少女の現実とおとぎ話の世界を描いた「パンズ・ラビリンス」、ナチスがフランスを占領していた時代、静かに暮らしていた祖父と孫娘。ある日、徴用により、一人の独将校に亡き両親の部屋を提供することに。二人は、抵抗を示すため、将校と一言も言葉を交わすまいと決意。将校と二人の空気が素晴らしい「海の沈黙」……
 たまたま、この三本は、少女を主人公にしていたが、戦争、内戦にまつわる過酷で凄惨、非情で理不尽な現実を汚れのない健気な目を通して表現したかったためだと思う。
 映画のタイトルは、重要な要素である。「レイルウェイ 運命の旅路」 原題は、「The Railway Man」 事実に基づいているという。確かに、主人公は、鉄道に命を掛けるような人物だったと思う。しかし、その背景には、かなり深い事実がある。邦題では「運命の旅路」をサブ・タイトルとして加えているが、内容の重さを表現してはいない。では、どのようなタイトルを…… それが作れるようであれば、私は大金持ちになっている。
 ところで、パンズ・ラビリンスのパンだが、なんとなく「アバター」の登場人物にそっくり。調べたら「アバター」の方が後に作られていた。う~ん…… 考えすぎかな……?

 ・レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の館
 ・トム・ソーヤ&ハックルベリー・フィン
 ・ロスト・フィーチャー 10,000デイズ・アフター
 ・星の国から来た仲間
 ・エクソダス:神と王
 ・転落の銃弾
 ・レッド・ウォリアー
 ・パンズ・ラビリンス
 ・やさしい本泥棒
 ・パワー・ゲーム
 ・人生は、奇跡の詩
 ・レイルウェイ 運命の旅路
 ・海の沈黙(2004)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2015/12/01/7931226/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機