★ 「漱石連載」が、終わった……2017年03月28日 07:55

 2014年4月20日に始まった朝日新聞社の「漱石没後100年」小説連載が今朝で終了した。足掛け3年間、毎朝の日課として熟読し、そして、新聞社が販売した各ノートに切り貼りを続けた。「こころ」「三四郎」「それから」「門」「夢十話」そして「吾輩は猫である」で終わった。小説だけでなく「〇〇ガイド」として作家、大学教授などによるエッセイっぽい解説も楽しみの一つだった。

 全ての切り抜きノートを並べてみた。

 大したものである。酔狂なとは思ったが重ねてみた。

 ノートの山を見ながら、ふと、果たして再読するだろうか? と自問した。新聞社の文字は、扁平でW3.9㎜×H3.3㎜と大きく、実に読みやすい。その意味では、漱石を読みたくなれば、この切り貼りノートに手が伸びると思う。
 さて、明日からの新聞に関する日課だが、「天声人語」筆写だけになってしまう。紙面を探索し、なにかを見つけようと思う。
 蛇足かも知れぬが、最後のページの「猫」の独白は、何度読んでも素晴らしい!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://goeche.asablo.jp/blog/2017/03/28/8424038/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

             日本のゲーム機