★ 胸椎圧迫骨折……? (続き)2014年10月01日 12:18

 MRI画像を見る。素人目にも四角い骨が崩れているのが判る。自分の身体だが、こんな骨の状態で、よくもこうやって座っていられるものだと驚く。結構、衝撃は大きかった。
「確実に圧迫骨折ですか?」「幸いな事に神経への影響はないようです」 幸いとの言葉に強い違和感を覚える。女医が言う、「コルセットは?」 シャツを上に上げて見せる。「腰用ですね。これは駄目です」 駄目? 「どうしてですか?」「もっと長いのが必要です」「……」「まだ若い骨折ですから、今のうちにきちんとしたコルセットを作り、治療した方が良いです」「高いでしょう?」「そういう問題ではないでしょう」 なんとはなしに口調が変わってきた。今後のことがある。「命令ですか?」 女医、我の顔をにらみ、「命令です!」 
 結局、明日採寸し、胸腰椎ダーメン・コルセットなるものを作ることになった。

  (画像は、他のサイトからそれらしきものを借用)

 高齢者の場合、このような骨折で寝たきりになったり、腰が曲がってしまったりするらしく、痛みが無くなってもコルセットの着用や、常に背筋を伸ばし正しい姿勢でいることが必要らしい。
 余談だが、コルセットは保険適用とは言え、まず、全額を業者に支払い、必要書類を持って区役所に申請すれば、7割が戻るらしいが、なんでこんな面倒な事を! と、思いつつも大人しく説明を聞く。
 喜ばしい事もあった。診察前に「骨密度」を計られた。初体験。う~ん、骨粗しょう症…… 一昨年は、肋骨骨折をしている。結果だが、同年齢平均値に対し、118%、つまり、骨密度は全く問題なしであった。これは、奥様の食事に対する配慮の賜物と、感謝、感謝である。
 さて…… 人によって違うそうだが、完治まで3,4か月と言われた。閑とはいえ、生活の大部分が、この「胸椎圧迫骨折」に支配されそうである。


★ 現代の研ぎ師……2014年10月04日 17:48

 日本刀、大好きである。NHKBSプレミアムの「日本刀に恋して 知られざる研ぎ師の世界 」を観た。日本刀も、日本文化独特の分業により作られる。分業の代表が、浮世絵だが、日本ではあらゆる造作物において、この専門的分業が為されていた。日本刀では、刀匠、研ぎ師、白銀師、柄巻師、鍔師、鞘師、塗師たちが腕を振るった。日本刀は、彼らの総合作業で出来上がるものだが、浮世絵での絵師と同じように、名が残るのは刀匠である。しかし、彫り師、摺り師の技術無くしては浮世絵が存在しないように、研ぎ師の腕無くしては日本刀は存在しない。
 すでに実用品でもなく、身分の証明品でもない日本刀に人生を掛ける人々。そんな中での現代の研ぎ師。こんな世界があるのかと呆れてしまうほどの緻密さを求める仕事。侍が消滅した現在、日本刀は美術品としての存在でしかない。でありながら……との思いもあるが、他の美術品の世界においても同じように、己のすべてを注ぎ込む人たちがいるのである。そう考えれば、彼らの必死っぽい毎日も理解できる。


 で、研ぎだが、この料金が結構、高いのである。何年か前、我が家にある「米澤住直信」(70.2㎝、反り1.8㎝)を研ぎにと考えたことがある。条件を付けない標準研磨で@6,5000.-/寸。直信は、23.2寸なので15万ほどになる。
深錆びや刃毀れが見つかれば、整形研磨、@8,000.-/寸で22万。もちろん諦めた。要するに、この程度の金額にオタオタするような者は、日本刀云々を言う範疇には入らないことになる。神業的な研ぎを観て、高い料金をイヤになるほど納得してしまった次第である。


★ 胸椎圧迫骨折……? (続きの続き)2014年10月05日 10:02



 第12胸椎圧迫骨折(以後、12骨と呼ぶ)の現況を……
 12骨は、中高年者の尻餅が原因の場合が多く、その他、交通事故などでの衝撃でも発症するという。この骨は、腰椎のすぐ上で壊れやすい骨のようで、圧迫骨折と言うと、この骨になるらしい。
 数多なる中高年諸氏への僅かばかりの参考になればと思いつらつらと……

 9月24日から10日ちょっとが経ったが、まだ胸腰椎用コルセットが出来上がっていないため、腰用のコルセットをし、背中には湿布を貼っている。そんな中で、気付いた点をまとめてみる。

*常にジワ~ッとした痛みが、背中、腰、ついでに腹部
に存在している。
*強烈なる痛みは、就寝時、起床時に発生する。
*蒲団に入る時だが、とにかくズキンとくるため、そ~っ
と角度を変えながら横たわらなければならない。
*仰向けに寝るのだが、胸椎が真っ直ぐになるためか、暫
しの間、背中に強い鈍痛が走る。
*眠りにつくが、人間とは、寝返りを打つ動物である。これがまた、苦労するのである。初めて知ったが、寝返りは床の中の同じ場所で行うものらしい。つまり体をひねり、蒲団の上で場所をずらすのであるが、これがいけない。激痛が走るのである。で、考案したのが、イモムシ方式である。これは、仰向け状態から、単に右または左に90度(それほど正確でなくとも良いが)ゴロンと転がるのである。つまりイモムシ・ゴロゴロである。転がり方にもコツがあり、肩から先に転がると痛みが少ないのである。ただし、シングルベッドでは注意が必要になる。落下した場合、さらに悪化することは必至である。
*横向きから寝返りを打ち、仰向けになる。と、不思議な事に無意識に下半身全体が伸びをするのである。しかも、心地良い感覚が走るのである。もちろん何故かは判らないが。
*最も強い激痛は、起床時に発生する。この痛みは息を詰まらせるほどのもので、「もう金輪際、悪いことはしません!」とか「どうか、この憐れな私めをお助け下さい!」とか、誰に祈っているのか本人にも判らないのだが唸るほどである。
*何故か熟睡できる。
*就寝からの目覚めは、朝になったから、それに、もよおしたから、である。仰向けから起き上がる事は、ほぼ完全に不可能である。横向きから、うつ伏せから…… 右45度から…… とにかく、毎回試行錯誤であり、ややもすれば5分、10分の所要時間が必要になるのである。だが、朝はまだ良い。いくらでも時間はある。問題は、もよおした時である。切羽詰まった状態でもよおした場合、子供時代に経験した恥ずかしい状態になってしまう。ここで標語が生まれる。「中高年 軽い尿意を 敏感に」
*起床時の痛みは、12骨特有であるらしい。痛みを軽減するには、体中の筋肉に力を入れ、胸椎を防護するか、または、コルセットを軽めに締めて就寝し、起床時に締めて起きあがる。しかし、コルセット装着での就寝は辛いため、筋肉方式を採用している。しかし、痛いのである。

 などなど…… 来週、コルセットが出来上がるが、どう見てもベルサイユ宮殿風である。私は、コルセットに名前を付けようかと思っている。マリー・アントワネット……


★ 胸椎圧迫骨折……? (続きの続きの続き)2014年10月09日 18:33




 My胸腰椎軟性コルセット(ダーメン・コルセット)マリ~・アントワネットが出来上がった。腰用のコルセットと記念のツ~ショットである。両方ともオーダーメイドであるが、腰用は細身の時代に作ったもので息ばむとマジックテープが、バキッと外れてしまう。つまり、確実にメタボ腹になっているのだ。マリ~の方は、見た目通りにカバー範囲は広い。装着すると、ちょうど腰から胸、ほぼ乳首のところまでカバーしてくれる。
「煩わしいでしょうが、3,4ヶ月の辛抱です」 言う方は気楽なものだが、こちらはウンザリである。¥35,317.-を支払い、領収書と証明書を貰う。この2つと保険証、印鑑をもって区役所に申請すれば、7割が戻ってくるらしい。なんとも面倒な話であるが、ま、仕方ない。 
 ところで尾籠な話で恐縮だが、装着したままでトイレで用が足せないのである。体を曲げることができないため、お尻が拭けないのである。面倒でも一々外さなければならない…… ま、仕方ない。
 夏じゃなくてよかったな~、と思う今日この頃である。


★ 指運動・・・ボケ防止に……?2014年10月18日 12:15

 いろいろなサイトを眺めながら、だから何なのよ……的な感想を持つことがある。まさに、「だから?」と言われそうなのだが…… 


 これって、ボケ防止に役立つのでは? もちろん右手でも可能だし、連続して自由に動かすことができる。
 その他、写真は割愛するが、バリ島の踊り子のように、首を左右に平行移動させたり、回したり…… 普通の状態で両目を寄らせたり、左右の耳を同時に動かしたり、別々に動かしたり…… 子供の頃、これと言った理由もなく、勉強の合間に努力したのである。「だから何なのよ……」ではあるが。

★ 人生は不可解……2014年10月25日 08:46



 今、私の胴回りは1m近くある。第12胸椎圧迫骨折によるコルセットのためだ。これによる影響はかなり深刻である。穿けるズボンが、1本しかないのだ。幾らなんでも同じズボンで数か月間も過ごす訳にはいかない。また、この数か月間のために新たなズボンを買う気にはならない。そこで、この1本は外出する時に穿くようにした。では、普段はどうしているのか。カミさんはイヤがるのだが、ジッパーを半分までにして穿いている。蛇足ながら、この長さに耐えるベルトはない。そこで百円ショップで長いのを買ってきた。ところで、この1本だが、去年の冬、中野ブロードウェイの安売り店でサイズだけ見て買ったジーンズである。胴囲91、股下72。失敗であった。ぶかぶか…… 冬であれば薄手のセーターの上から穿けばなんとか問題はないが、夏は穿けない代物である。扱いに困っていたこのジーンズが、今、役に立っているのだ! まさに「人生は不可解である」 ん? 誰かの遺書……

★ 皿うどんとちょっと素敵っぽい女性……2014年10月31日 09:10



 知らない女性とのなんてことない会話である。
 考えてみれば当たり前のことだとは思うが、味覚とは、体調などにより変化するものらしい。チャンポン、皿うどんの話である。
 中野に家を建てることになり、近所を散策したが1分も掛からないところにこの店があった。これはイイ! 大好きなチャンポンや皿うどんが食える。ちょっと高めな値段だが、チャンポンを頼んだ。? 数か月後、建築現場を見に来たついでに入った。?? この味、金輪際、来ない! 
 昨日、メタボが気になるが、まだ、カドメンの「濃コクとんこつ」は食べていない。そこで、近所のスーパーに買いに行った。レジ袋をぶらぶらさせながらの帰宅途中、黄色い看板が目に入った。いつ見ても店は繁盛している。あの味で・・・・・・ 何故だろう? カミさんも、「あら、私はあのチャンポンの味、OKよ」と言っていた。店の前でメニューを見ていた。中から、OL風のちょっと素敵っぽい女性が出てきた。目が合った。人間とは不思議なもので、目を合わせた、その瞬間、同じ匂いを感じることがある。
「美味しかった?」「え~」「何を?」「皿うどん。私には、ちょっと量が多いんですが・・・・・・ 入るんですか?」「いやね・・・・・・」とレジ袋を開け、「これ食べようかと思って」とカドメンを見せた。「あら、これなら明日でもイイじゃないですか」と、ちょっと強い目付きで見られた。そう言われてみれば、そうである。「そ、そうですね。ありがとう」 ちょっと素敵っぽい彼女、笑顔で去って行った。
 何としたことか! この皿うどんが、旨い! からしとのマッチングも絶妙! こうなれば、結論はすぐ出てしまう。己の舌がおかしかったのだ。チャンポンも喰おう! 

★ BOOK-OFF 100円本……2014年10月31日 12:05



 些細な事に拘ることがある。その一つに、「BOOK-OFFでは、100円文庫本しか買わない!」がある。
 朝飯を抜いて昨日食うと決めたチャンポンを…… 落ち着いた味で、旨い。私にとって830円は多少高いが、ま、イイだろう。
 で、帰り道にあるBOOK-OFFに寄った。本屋の辛いところは、欲しい本を見つけるのに苦労することである。とりあえず文庫本の棚を舐めまわしたが、ビビッと来る本がない。帰ろうかと思った瞬間、宇佐美真理の「ひとつ灯せ」が目に飛び込んできた。書き出しは「初代将軍徳川家康が……」 このお姐さんは嫌いではない。カウンターに持っていった。「360円です」 ん? 100円の棚ではなかったらしい。一瞬、たじろいだが、止めますとも言えない。仕方ない、買った。さて、面白いかどうか…… 宇佐美さん、頼むよ!

追)新中野店は、2017年4月頃閉店した。

             日本のゲーム機