★ ワイツゼッカー元ドイツ大統領:「天声人語」……2015年02月04日 10:44

 2月3日付「天声人語」に、1月31日に亡くなったワイツゼッカー元ドイツ大統領がとりあげられていた。余りにも有名な「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となる」の言葉・・・・・・ 朝日新聞社の承諾は受けていないが掲載した。


★ 大雪予報とシャベル……2015年02月06日 09:09



 2015年2月5日、大雪予報の日であった。雪に弱い首都である。天気予報では矢鱈とその危険を報じていた、のだが…… 
 我が家には、雪かき用のシャベルはない。東側と北側に道路がある。雪が積もれば、一般人の歩行に影響があるのかも知れない。しかし、「雪かき条例」的なものは存在しない。何が起ころうがこちらには関係ないと思うのだが、昨年、一昨年の雪においては、近所の連中は雪かきをしていた。仕方ない、シャベルを借りて我が家周りの雪かきをした。
 妻曰く、「雪かき用のシャベル……」 こちらも気になっていた。馴染みの金物屋に行った。親父、「だったら、錆びないしこれだな!」 悪くない。2,200円。「まけてくれる?」「じゃ~、ピッタリ、2,000」「いや~申し訳ない」「もうヤケよ」
 考えてみれば、ホームセンター隆盛の時代。専門店としての金物屋の存在は、難しくなっている。それが判っていながら、値切る客。あ~イヤだ、と思いつつもニコニコ支払う客。
 で、大雪は空振り。備えあれば憂いなし。その通り! ジンクスとは思っていないが、準備すると空振り的な人生を送っている。今回も同じであった。
 ふ~と落ち着いた時、ん? シャベルとスコップって、どう違うんだ? 
①【西日本】小型のものがスコップ/大型のものがシャベル
②【東日本】大型のものがスコップ/小型のものがシャベル
③【別の解釈】
 シャベル:足をかける部分がある
 スコップ:足をかける部分がない
 私は、③を支持したい。
 しかし、たった一つの道具にも奥深い趣き、解釈が存在する。面白い!

★ 半月板変性/損傷……2015年02月09日 17:46



 ん? 右膝に違和感。3日前の出来事。翌日、階段の上り下り、何だこの膝の痛みは! ままよ、一晩経てば…… 痛みは増すばかり。足に力を入れたり、膝を曲げ伸ばしたりしただけで痛い。もう一日様子を……
 で、今日、痛みは増すばかり。仕方ない、馴染みの整形外科に。レントゲン写真には、実に綺麗な骨と関節空間が映っている。「高齢者に見られる骨の変形も、関節の減少もありません。この状態で痛みがあると言う事は、レントゲンには写らない軟骨等の問題かもしれません」
 そこで、MRIを撮りに、メディカルスキャニングへ(右膝だけなのに、8,000円は高い!)
 CDを持って整形外科に。画像を見ながら、実に丁寧な説明。医師の人柄を感じるが、治るんですか? の問いかけを、グッと我慢。結論、右膝の「半月板変性/損傷」
 原因? 過度な運動、肉体労働…… ない! 加齢? これは可能性あり。とは言え、何故、損傷したかは不明。

「病の百貨店」に、また一つ、品目が増えたことになる。「半月板断絶」であれば手術だが、まだ、損傷レベル。膝に負担を掛けない生活をしながら、とりあえずは自然治癒を祈り、筋肉増強を試みろと言う事らしい……  

★ 凍てつく朝……2015年02月10日 11:27

 洗濯物を干す前には、物干し竿とベランダの手すりを雑巾(タオル)に水を含ませて拭いている。今朝(8時15分頃)も寒い中、拭きだしたのだが、アルミの手すりの上に白いゴミようなものが・・・・・・ 何だこれは? 拭けば拭くほど出てくる。雑巾にゴミでも付いているのかもしれない。新しい雑巾で・・・・・・ 同じである。触ってみた。冷たい。な、なんと、氷!
 

 初めての経験である。寒波が来るとは聞いていたが、これ程とは。そこで、ぞうきんを絞り、水をたらしてみた。さ~ 凍れッ! これは凍らなかった。薄い被膜状であれば凍るようだ。ま、こんな些細な驚きも一日を楽しいものにしてくれる。もちろん、この現象が消えてから洗濯物を干した。今、良い天気である。

★ 「三四郎」お詫びして訂正……2015年02月11日 12:16



 「こころ」に続き、「三四郎」も「三四郎ノート」に切り貼りしている。今朝、訂正文が載っていた。確かに、モローは、フランス人であり、厳密に言えば、グスタフは間違いかも知れない。お詫びを含んだ訂正文は当然かもしれない。だが、切り貼りをしている身としては、この場所へ堂々とした掲載には興醒めである。
 「お詫び」 テレビでは深々と頭を下げる姿をイヤと言うほど見せつけられている。いとも安易にお詫びをする風潮。かと思えば数十年経って、やっと誤報を認め、グズグズとお詫びをした企業もある。最近、この企業の新聞に訂正、お詫び記事が目立つように思う。間違い訂正は当然だが、どうにも意地になってお詫び記事を掲載しているようにも思えてしまう。ひょっとすると「三四郎」もその表れかも知れない。しかし、もう少し小さなフォントであれば許せるのだが……
 ちなみに、グスタフは、スウェーデン、ドイツ語読みだという。

★ テレビ、買い替えかな~……2015年02月13日 10:45



 10年前に購入した三菱の37inchテレビだが、画面中央部分に薄い透明な灰色の雲のようなものが出だした。気にしなければ良いのだが、綺麗な映像の時などは、やはり煩わしい。カミさん、買い替えようと言い出した。高々、これぐらいのシミ、修理できるのではないか。
 三菱の修理部門に電話した。オンサイトでのチェック、見積り費用¥3.200.- 受付嬢、「ひょっとするとパネル交換になるかも知れません」「その場合、費用は?」「あくまで概算ですが、4~5万円です」 このテレビは、25万円位だったはず。これは、安いと思った。「では、お願いします」「では、明日サービスセンターから連絡を入れさせていただきます」
 カミさんに言った。何故か、呆れ顔で言われた。「そんなに掛けるんなら、新しいの買った方がイイわよ」 何を言うか。20万円も出せるか! 一応、ビックカメラで調べてみた。ん? Braviaの40inchが、¥58,000…… 本当かよ! 42inch、¥107,870.-、48inch、¥109,760.- う~ん…… 
 今朝、サービスセンター担当者から電話。「シミや線が出る場合は、確実にパネル交換になります。その場合、5、6万円掛かります」 実に丁寧な口調…… だが、暗に修理なんて止めた方がイイですよ的な空気が流れる。「じゃ~……」「え~、その方が……」 私は、まだキャンセルとは言っていないのに…… 「ありがとうございました」
電話を切った。
 世の中は、変わっていた。さて、我が家はテレビを買い替えるのだろうか……

★ 小洒落た一言、「かたえくぼ」……2015年02月18日 09:40



 今朝の「かたえくぼ」には、恐れ入った。
 ふと思った、ひょっとして、私が、朝日新聞を購読する理由だが、筆写が楽しい「天声人語」、「朝日川柳」「かたえくぼ」「ののちゃん」 そして、今、連載されている「漱石」なのかも知れない。もちろん、掲載記事には真面目に、きちんとざっと目は通している。
 ふと思う…… 朝日新聞の報道が、どうのこうのではなく、何処の報道機関の誰がどう報道しようが、所詮、神ならぬ人間が為せる業。何処に「真」があるのかは、残念ながら判らない。地球規模でのキナ臭い状況が漂い始めた昨今、何故、このように人間は殺し合いたいのか、との疑問を抱きながらも、まさか我が国には及ぶまいとの楽観の中でも、そこはかとなく感ずる不安。このような動向に、己が為しうる事は? 多分、なにも無い。しかし、この手の情報に対する真偽の最終判断は「己」であり、さらに安っぽい言い方をすれば、その判断により功罪があったとしても、すべては「自己責任」と言う事になる。つまり、己に何が出来るのかを考えつつ、記事を読み、それらが己にどのような影響を来たらすかとの、まさにミクロな個人的損得の世界に入らざるを得ない世の中。大局など何処にあるの?的な狭い思い。今まさに、私は、そのような世界に入っている。
 何故か横道に…… 話を戻そう。どうであろうか、この「かたえくぼ」 駄洒落?ではない。さらっと、小洒落た風刺も嫌味もない、小粋な数行。そうありたいとの思いから、そこそこ研鑽を重ね、「かたえくぼ」や「朝日川柳」に投稿をしたが、今のところ虚しさしか味わっていない。必要なのは、まっさらな空っぽな「己」かも知れない。う~ん…… 雑念ばかり……

★ 胸椎圧迫骨折・半月板損傷 その後……2015年02月26日 08:37

 第12胸椎圧迫骨折及び、右膝半月板変性損傷の経過診断のために整形外科に。女医さん、「胸椎の方は、そろそろ半年。多少の違和感や痛みがあっても通常の生活で構いません。出来れば、全身へのエクササイズをしてください」「判りました。半月板損傷ですが、半月板は元に戻るんでしょうか?」 女医さん、一呼吸おいて、「若い人でしたら、戻る可能性はありますが…… 年齢的に難しいです」「ではどうすれば?」「周りの筋肉を強化してください」


 パンフレットをくれた。実に簡単な運動(?)であるが、問題は続けるかどうかである。絵を見て思った。何故、女性なのだろう。それに、特に左の図の顔つきと身体つきに違和感。ま、そんな事はどうでも良いのだろうが…… 
 どうにも細かいことが気になってしまうのが、僕の悪い癖…… ん?

★ あ~、テレビ…… 溜息……2015年02月27日 12:18

 昨日、REGZA-TVとレコーダー(以後、Rec)が納品されたのだが、ビックカメラへの注文後、さらには納品後に幾つかのトラブル(販社及び、自己のミス)が発生した。
 J:COM経由であり、アンテナは使っていない。TVだけ交換するのではなく、再生・録音も考え、Blu-ray Recも注文した。実に基本的な構成であり必要なケーブルも、担当者に相談し注文した。担当者、態度はデカイが、どうにも自信なさげ。


 トラブル①:SetTop-BoxとTV、Recへの接続は、HDMIと思っていた。つまり、Boxには、2つのHDMI端子があるはず。ところが、我が家のBoxには1つしか端子がない。旧式のBoxなのか。J:COMに電話。「この地区では、2端子のBoxは提供していません」 なに~ッ!「他の地域では提供してるの?」 明解な返事がない。キレた!「それはおかしい! 上に報告して、中野にも2端子Boxを提供するように掛け合えッ!」「わ、判りました」 どうにもスッキリしない。ビックカメラ担当者に電話。「一般的に端子は、1つです」「じゃ~、今の構成で問題ないのね」 あ~、俺のミスか。即、J:COMに電話。平謝り。

 トラブル②:配送業者(以降、業者)が、テキパキと梱包を解き接続を始める。「HDMIケーブルは使いますが、セパレーターは不要で、TV接続ケーブルは、同梱されてますので不要です」 なに~ッ! 「担当者が必要と……」 彼、何故不要かを説明しだした。簡単に言うと、J:COMの場合、BS、CSは録画できない設定になっているため、地デジしか録画できない。従って、ケーブル2本は、不要。「面倒でしょうがレシートと商品を持って返金を……」
 ウギギ~ッ! 一昨年、私用のTV購入の際、ステレオなどへの接続図を見せてAQUOSを購入・納品してもらった。
だが、設置の際、業者曰く、「このケーブルはどの機器に接続しますか?」 エッ? 接続図を見せる。「AQUOSでは、この構成は出来ません」 頭、真っ白! 「済まないけど返品する。担当者に電話するよ」「いえ、私の方で連絡します。恐れ入りますが、レシートを持って……」 実に、丁寧な応対。「BRAVIAなら……」 ビックカメラを止めようと思ったが、カミさん、カードに貯まっているから…… BRAVIAで、OKだった。

 トラブル③:Recは、REGZAに慣れてから操作するつもりだ。(実は、操作には全く自信がない)そう言えば、TVの画面や音声など、好みに設定できるはずだ。TVリモコンで、電源ボタンを押したが、ウンともスンとも言わない。3つのリモコンを使い、あれやこれや試したがダメ。仕方ない、業者に電話。「接続上の問題ではなく、TVかリモコンでは……」 東芝相談センターに電話。綺麗な声の女性(いや、どうでも良い事だ)に状況を説明。「どんな状態でも、TVリモコンで電源オフは利くんですか?」「はい」「済みませんが」といろいろとチェック内容を言われた。「リモコンから信号が出ているかどうか調べたいのですが携帯電話で……」「アッ! 済みません。携帯は嫌いなので持っていません」「そうですか…… では……」 話を遮って、記憶を巡らせた。
 業者は、TVのチェックの際、TVリモコンを使った。終了後、「J:COMリモコンで……」と頼み、東芝用に設定してもらった。今まで通りの環境になった。
 その後、TVリモコンは使わないと電池を抜いて引き出しにしまった。その後、そうか、画面、音声の調整は、TVリモコンが必要だと、電池を入れて電源ON、OFFを試したが…… 電池??? まさか! 「あの~、ちょっと待ってください」 あ~……! なんとプラス、マイナスが逆!入れ直して電源ON 動いた! 「す、済みません……」 業者にも、電話して恥ずかしい事実を連絡。
 東芝も、業者も「良かったですね!」と明るい声で言ってくれた。あ~…… 溜息しきりである。

             日本のゲーム機