★ 11月、映画Video鑑賞リスト……2015年12月01日 07:45



 11月は、13本。所用で外出が多かったり、体調不良などでVideo鑑賞どころではなかったためだ。3月1日からの累計は、252本になった。(3月51本、4月35本、5月27本、6月30本、7月28本、8月20本、9月20本、10月28本)
 本数は少なかったが、印象深い作品を鑑賞できたように思う。第2次世界大戦をベースに思想弾圧、ユダヤ排斥の中で健気に生きる少女を描いた「やさしい本泥棒」、スペイン、フランコ独裁に立ち向かうレジスタンス運動に翻弄される少女の現実とおとぎ話の世界を描いた「パンズ・ラビリンス」、ナチスがフランスを占領していた時代、静かに暮らしていた祖父と孫娘。ある日、徴用により、一人の独将校に亡き両親の部屋を提供することに。二人は、抵抗を示すため、将校と一言も言葉を交わすまいと決意。将校と二人の空気が素晴らしい「海の沈黙」……
 たまたま、この三本は、少女を主人公にしていたが、戦争、内戦にまつわる過酷で凄惨、非情で理不尽な現実を汚れのない健気な目を通して表現したかったためだと思う。
 映画のタイトルは、重要な要素である。「レイルウェイ 運命の旅路」 原題は、「The Railway Man」 事実に基づいているという。確かに、主人公は、鉄道に命を掛けるような人物だったと思う。しかし、その背景には、かなり深い事実がある。邦題では「運命の旅路」をサブ・タイトルとして加えているが、内容の重さを表現してはいない。では、どのようなタイトルを…… それが作れるようであれば、私は大金持ちになっている。
 ところで、パンズ・ラビリンスのパンだが、なんとなく「アバター」の登場人物にそっくり。調べたら「アバター」の方が後に作られていた。う~ん…… 考えすぎかな……?

 ・レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の館
 ・トム・ソーヤ&ハックルベリー・フィン
 ・ロスト・フィーチャー 10,000デイズ・アフター
 ・星の国から来た仲間
 ・エクソダス:神と王
 ・転落の銃弾
 ・レッド・ウォリアー
 ・パンズ・ラビリンス
 ・やさしい本泥棒
 ・パワー・ゲーム
 ・人生は、奇跡の詩
 ・レイルウェイ 運命の旅路
 ・海の沈黙(2004)


★ 「るろうに剣心」 3本連続鑑賞……2015年11月11日 13:06

 和物のレンタルVideoは、借りない事にしているが、テレビで放映される和物は観ても良いことにしている。(何故?の質問には、どうにも答えにくいのだが……)その場合、観る時間がたっぷりあったとしても録画し、後日、観るようにしている。2時間物のテレビ・ドラマも同じである。この理由は簡単で、CMの配置がエゲツナイからである。CM時間は、全体の10~18%だが、半分以上が後半に配置されており、まるでCMの合間に本編を観ているのでは、などと錯覚してしまうほどである。放送局、広告主共、実に下品。上品な取り決めをしてもらいたいものだ。
 話が逸れてしまったが、『るろうに剣心』3本を録画した。どうせ観るなら、3本続けて観てやろうと思い、最後偏を録画した後にじっくり鑑賞した。


 原作は、漫画の『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』だそうだが見たことはない。従って、先入観なしの状態で観ることができた。ま~ なんと、忙しい活劇映画であろうか。多分、剣を交える場面は、何%かの早送りだと思うが、動体視力が衰えだした者には辛いところがあった。しかし、観客を確実にのめり込ませるだけの内容だと言える。日本刀でのアクション映画として、これだけのものがあったとは驚きである。佐藤健以下、登場人物も素敵であったが、あれほど元気で、頑丈で、疲れ知らずで、強くて、素早くて、持久性があって、怪我に強くて、回復力が抜群で…… 云々云々の人間なんて、はたして居るのだろうか?と、信じがたい気持ちであったのも事実である。とは言え、拍手! 

★ 10月、映画Video鑑賞リスト……2015年11月02日 06:52



 10月は、28本鑑賞した。3月1日から累計で239本にな
った。(3月51本、4月35本、5月27本、6月30本、7月
28本、8月20本、9月20本) 月平均、30本。相変わら
ず1日1本のペースで観ていることになる。
 選定基準(ホラー物、裸物、ベチャベチャ恋愛物、ど
たばたコメディー物、過激な暴力物、深刻物、戦争物、
シリーズ物、さらに和物、韓流物は除外。レンタル料金
108円の旧作に限る)は変わっていない。レンタル・ショップは、GEO中野本町店のみであり、そろそろタネも尽きるのではと思うが、行けば何とはなしに観たい作品が見つかるものである。
 友人に図書館でも借りることができると聞いた。読書は好きであり、主に文庫本を購入して楽しむのだが、借りて読む習慣はない。従って、図書館で借りた事もなく、数回しか足を運んだことがない。調べたら10分ほどのところにあった。とりあえずどんな感じか、散歩がてら行ってみようと思っている。

 ・ニーナ ローマの夏休み
 ・西部開拓史
 ・サード・パーソン
 ・愛、アムール
 ・デュエリスト-決闘者-
 ・トゥモロー・ワールド
 ・はじまりは5つ星ホテルから
 ・ドッベルゲンガー 凍てつく分身
 ・ネバーランド
 ・ベオウルフ 呪われし勇者
 ・メイド・イン・マンハッタン
 ・ローマの教室で ~我らの佳き日々~
 ・路上のソリスト
 ・トリスタンとイゾルデ あの日に誓う物語
 ・シャーロック・ホームズ 淑女殺人事件
 ・ピーター・パン(実写)
 ・トランセンデンス
 ・2月の夏
 ・マルコ・ポーロ/東方見聞録
 ・ラブリーボーン
 ・リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い
 ・メンフィス・ベル
 ・プロヴァンスの贈りもの
 ・ウィークエンドはパリで
 ・愛を複製する女
 ・女だけの都
 ・八月の鯨
 ・8月のメモワール


★ 9月、映画Video鑑賞リスト……2015年10月01日 11:25



 9月は、20本鑑賞した。3月1日から累計で211本になった。(3月51本、4月35本、5月27本、6月30本、7月28本、8月20本) 月平均、30本。1日1本。ま、だんだん減っていくとは思うが……
 相変わらず選定基準(ホラー物、裸物、ベチャベチャ恋愛物、どたばたコメディー物、過激な暴力物、深刻物、戦争物、シリーズ物、さらに和物、韓流物は除外。レンタル料金108円の旧作に限る)は健在である。
 良く飽きないな、と自分でも感心してしまうが、代わり映えのしない日常の中に、なんらかの「ドラマ」を与えてくれるものと考えれば納得はいく。そう、媒体は異なっても、読書や絵画鑑賞、スポーツ観戦などと同じである。数百万円から数百億まで掛ける費用も幅広いし、内容も種々雑多。一大産業として、超大手企業から家内制手工業的な集団により生み出される「映画」である。私が、かじったとしても、ほんの一欠片でしかない。

 ・オールド・ボーイ(2013)
 ・遠い空の向こうに(October Sky)
 ・バトル・オブ・ワルシャワ 大機動作戦
 ・コンタクト
 ・ロスト・フロア
 ・ブロークバック・マウンテン
 ・ウォルター少年と、夏の休日
 ・ファーナス 決別の朝
 ・アナザー プラネット
 ・アイ・フランケンシュタイン
 ・ケープタウン
 ・リスボンに誘われて
 ・昔々、アナトリアで
 ・ブライトン・ロッグ
 ・ダーク・ブラッド
 ・友よ、さらばと言おう
 ・ドラキュラZERO
 ・ワルシャワ、二つの顔を持つ男
 ・ある過去の行方
 ・不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼


★ 8月、映画Video鑑賞リスト……2015年09月01日 07:37



 8月は、20本鑑賞した。3月1日から累計で191本になった。(3月51本、4月35本、5月27本、6月30本、7月28本)
 観ていて面白ければそれでイイ。観終わって楽しい時間だったな~と思えれば、それでイイ。そんな鑑賞姿勢である。自分なりのVideo選定基準(ホラー物、裸物、ベチャベチャ恋愛物、どたばたコメディー物、過激な暴力物、深刻物、戦争物、シリーズ物、さらに和物、韓流物は除外)により借りているため、観ていて不快になることはない。しかし、最近、ツマラナイな~と感じる作品が増えたように思う。これは多分、こちらの目が肥えてきたためなのかも知れない。そう思えば納得する。
 自分一人で観ることが多いのだが、たまにカミさんが居間に来てチラッと見ることがある。「あら誰々ね」と聞いた事もない俳優の名前をいう。映画館に行くこともないし、テレビで観たようにも思えないのだが、それがことごとく当たっている。何故かと訊いた答えは、「ま、それなりに・・・・・・」 実に不思議だ。

 ・25時
 ・リベンジ・マッチ
 ・電話で抱きしめて
 ・タイタンの戦い(2010)
 ・ラスト・ソング
 ・ダンサー・イン・ザ・ダーク
 ・タイタンの逆襲
 ・しあわせの帰る場所
 ・くるみ割り人形(2010)
 ・アトランティスのこころ
 ・六つの心
 ・ターミナル
 ・ラグナロク オーディン神話伝説
 ・魔法使いの弟子
 ・砂と霧の家
 ・クラウド・アトラス
 ・インベージョン
 ・ブラザーズ・グリム
 ・アメリカン・ハッスル
 ・ローン・サバイバー

★ 7月、映画Video鑑賞リスト……2015年08月01日 17:52



 7月は、28本鑑賞した。3月1日から累計で171本になった。(3月51本、4月35本、5月27本、6月30本)
 楽しいから観る、閑だから観る、外に出ると暑いので冷房が効いた部屋で過ごしたいから観る…… ま、理由はともかく、よくも飽きずにと感心してしまう。これだけ観れば、中には余りにも下らないもの、作者の意図が全く不明なものなど、途中でストップしたものも6,7本はあった。なにも無理して観ることはない。108円の気楽さである。心置きなく途中で■を押せる。
 汗を掻きながら散歩がてらのショップ通いであるが、選ぶのにやたら時間が掛かるようになってしまった。それはそうだろう、なにしろ選択基準が厳しい。ホラー物、裸物、ベチャベチャ恋愛物、どたばたコメディー物、過激な暴力物、深刻物、戦争物、さらには和物、韓流物は除外しているし、108円ものしか借りないのだ。いずれ、何も借りないで店を出る日が来るかもしれない。さて、その時、基準を変えるのだろうか、キッパリ止めるのだろうか……? 

 ・300 (スリーハンドレッド)
 ・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリン二スト
 ・Ray レイ
 ・インド夜想曲
 ・ラブ・アクチュアリー
 ・モンテ・クリスト 巌窟王
 ・屋根裏のマリアたち
 ・パパの木
 ・カレンダー・ガールズ
 ・トースト ~幸せになるためのレシピ~
 ・できごと
 ・セリ・ノワール
 ・トスカーナの休日
 ・her/世界で一つの彼女
 ・メッセージ・イン・ア・ボトル
 ・ナイト・アンド・ザ・シティ
 ・LIFE! / ライフ
 ・ラストミッション
 ・イングリッシュ・ペイシェント
 ・マチェーテ・キルズ
 ・トカレフ(2014)
 ・ブレイブ
 ・マイレージ、マイライフ
 ・椿姫(1997)
 ・複製された男
 ・インクハート 魔法の声
 ・1.フレミング007誕生秘話
 ・ヴァイキングダム


★ 6月、映画Video鑑賞リスト……2015年07月01日 23:18



 6月は、30本鑑賞した。3月1日から累計で143本になった。(3月51本、4月35本、5月27本) これだけ集中して観れば、それなりの感想や意見などを一丁前に述べられるのではと思うだろうが、その気はない。あえて言えば、面白かったな、つまらなかったな、良く出来ているな、大変だったろうなぐらいである。さて、7月はどうなるだろうか。

 ・王子と乞食
 ・さよなら、アドルフ
 ・ウィズネイルと僕
 ・白いカラス 日本公開版
 ・イン・ザ・ビギニング 完全版
 ・ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
 ・ブロンクス物語/愛につつまれた街
 ・ニューヨーク1997
 ・天才画家ダリ 愛と激情の青春
 ・アレクサンドリア
 ・すべてをあなたに
 ・ブーリン家の姉妹(2008)
 ・ゲド ~戦いのはじまり~
 ・真珠の首飾りの少女
 ・プリズナーズ 
 ・ナイルの宝石
 ・パッセンジャーズ
 ・ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
 ・仮面の男
 ・ダーク・シャドウ(2012)
 ・リーガル・マインド 裏切りの法廷
 ・ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画
 ・ハングオーバー!!! 最後の反省会(完)
 ・アレキサンダー
 ・インセプション
 ・エージェント:ライアン
 ・後.アラビアンナイト 魔法のランプを探せ(完)
 ・クォ・ヴァディス(1951)
 ・シンドバッド 新たなる航海
 ・ヘラクレス 帝国の侵略


★ 5月、映画Video鑑賞リスト……2015年06月01日 18:55

 2015年5月1日~31日まで、27本を鑑賞した。これで、3月1日から3か月間で計113本の映画を観たことになる。まだまだ当分は続きそうだ。


 ・キング・アーサー DC版
 ・プライドと偏見
 ・画家と庭師とカンパーニュ
 ・レンブラント 描かれた人生
 ・カラヴァッジオ
 ・モリエール 恋こそ喜劇
 ・この森で、天使はバスを降りた
 ・カイロ・タイム ~異邦人~
 ・ガス燈
 ・天地創造
 ・パリ、ジュテーム
 ・石の花
 ・西部戦線異状なし
 ・ガーディアン アンニバル戦記
 ・五線譜のラブレター 特別篇
 ・宮廷画家ゴヤは見た
 ・酔いどれ詩人になるまえに
 ・サラの鍵
 ・普通の人々(1980)
 ・ランブリング・ローズ
 ・レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い
 ・太陽に灼かれて(1994)
 ・クレージー・ハート(2009)
 ・サイドウェイ
 ・ヴェニスの商人(2004)
 ・カンパニー・メン
 ・42 ~世界を変えた男~


★ 『この森で、天使はバスを降りた』う~ん……2015年05月08日 07:58

 観客に受けるシナリオを作る条件の一つに、「観客の期待を裏切らない方が良い」がある。

 あ~、こうなって欲しけど…… あ~、やっぱり無理か…… いや、何とかなるはずだ! あッ 駄目だ! 何故? あ~ エッ! そうだよ、こうでなくちゃ。あ~ 良かった!

 タイトルは、記憶にあったが、「この森で、天使はバスを降りた」(刑務所を出所して、ある小さな町の軽食喫茶店に行き、そこで働く女性の物語を描いた作品)を観た。

 入り込める映画だった。素人が言うのもおこがましいが、良く書けた映画だと思うのだが、私の思いとは異なる結末。観ようと思う方もいるはずなので具体的には書かないが、私の期待は裏切られた…… う~ん、でも…… 多分、これでイイのだろう。

★ 乳房の大きさとセクシーさ……2015年05月02日 19:15

「プライドと偏見」を観た。原作は、ジェーン・オースティンの「Pride and Prejudice」 現代においても入り込める内容の作品。面白かった。主役は、キーラ・ナイトレイ。「世界で最もセクシーな女性100人」の1位になった事があるらしいが、それに恥じぬ素晴らしい演技だった。


 しかし、自他ともに認める「貧乳」だという。セクシーさとは、乳房の大きさには依存しないようだ。確かに、彼女が演じたエリザベスは、実に魅力的でありセクシーだった。先日観た、「キング・アーサー」でもクラネヴィア役で出ていた。戦闘の場面では帯状の革の胸当てをしていたが、全く膨らみがなく、正直、違和感を感じた。衣装デザイナーのミスだと言える。ところで、裸や濡れ場を映しだす映画が多いように思うが、このような場面は本当に必要なのだろうか…… むしろない方が作品の品位を高めるように思う。ますます、貧乳のキーラ・ナイトレイの活躍を期待したい。

             日本のゲーム機